.

大阪地下鉄のPiTaPa登録割引「プレミアム」とは?しくみを分かりやすく解説

大阪地下鉄(メトロ)では、ICカードのPiTaPa(ピタパ)を使った運賃の割引サービスがいくつか用意されています。

大阪の地下鉄はJRや私鉄に比べると運賃が少々高めなので、なかなか魅力的です。お得なのか損なのかをシミュレーションできるようになっているのですが、内容の説明を読んでもちょっと分かりにくいです。

大阪地下鉄のPiTaPa登録割引「プレミアム」とは?しくみ、利用登録

そこで、ここでは割引サービスのひとつ「プレミアム」について、できるだけ分かりやすく、そのしくみと利用方法、メリットやデメリットについて解説します。意外とシンプルです。

日常的に地下鉄を仕事やプライベートで利用している人は、定期券よりもお得な場合がありますので、参考にしてみてください。




大阪地下鉄のPiTaPa「プレミアム」とは?

PiTaPa「プレミアム」とは、ICカードの「PiTaPa(ピタパ)」を持っている人向けの、大阪地下鉄(メトロ)限定の運賃割引サービスです。利用にはPiTaPaと利用登録が必要です。費用はかかりません。

大阪地下鉄のPiTaPa登録割引「プレミアム」とは?

利用登録すると、地下鉄が利用できる範囲(=エリア)と、1ヶ月の運賃に上限額が設定されます。設定のエリア内では、地下鉄を乗り降り自由(乗り放題)で利用できて、1か月のうちに何回乗っても、上限の金額以上は請求されないといったものです。

ちなみに「プレミアム」には、子供用の設定がありますが、学割はありません。

エリア内が乗り放題で利用できます

定期券の場合、「梅田駅⇔難波駅」のように、2つの駅の区間を乗り降り自由(乗り放題)で利用できます(経路は指定されています)。

定期券が点と点を結ぶ「線」の利用とすると、PiTaPa「プレミアム」は「面」の利用が可能になります。エリアが設定されて、その範囲内が乗り放題になります。

そのエリアは、申し込みの時に登録する「登録駅」(1か所)をもとに、自動的に決められます。エリアの広さは「小エリア」「中エリア」「大エリア」の3段階から選べます。

エリア内にある登録駅以外の駅を「対象駅」といいます。登録駅⇔対象駅、対象駅⇔対象駅で乗り放題できます。

大阪地下鉄のPiTaPa登録割引「プレミアム」のエリア

区分 対象駅
小エリア 登録駅から通常の運賃が230円する区間に相当する範囲
中エリア 登録駅から通常の運賃が280円する区間に相当する範囲
大エリア 登録駅から通常の運賃が330円する区間に相当する範囲

エリアの範囲(対象駅)がどんな感じになるのかは、大阪メトロの公式サイトでシミュレーションして確認することができます。たとえば「梅田駅」を「登録駅」とした場合のエリアはこのようになります。赤枠の駅が「登録駅」、緑枠の駅が「対象駅」です。

「小エリア」の場合

大阪メトロPiTaPaプレミアムのシミュレーション、梅田登録で小エリア選択

「中エリア」の場合

PiTaPaプレミアムのシミュレーション、梅田登録で中エリア選択

「大エリア」の場合

PiTaPaプレミアムのシミュレーション、梅田登録で大エリア選択

いつもよく利用している駅が、エリア内の対象駅になっていると、定期券よりも便利に使えます。

御堂筋線の「梅田駅」、四つ橋線の「西梅田駅」、谷町線の「東梅田駅」は3つの駅で1つの駅として扱います。御堂筋線「心斎橋駅」と四つ橋線の「四ツ橋駅」も同じです。

ひと月に何回乗っても上限額以上かかりません

毎月の請求額に上限があります

PiTaPa「プレミアム」では、毎月1日から末日まで、エリア内で利用した運賃の合計に対して割引(1割引~)が実施されます。そして、その支払い金額に上限が設定されています。

※上限額、定期代ともに、2019年10月以降の金額です。

プレミアムの上限額 1ヶ月通勤定期券代
小エリア 9,190円 9,100円
中エリア 10,960円 10,650円
大エリア 12,320円 11,450円

例えば、「小エリア」を選んだ場合、その範囲内であれば1ヶ月のうちに何回地下鉄に乗っても、請求は9,100円を超えることはありません。反対に、1ヶ月の合計が9,100円未満だったときは、利用した分だけの請求になります。もし全く利用がなければ、請求はゼロです。

このように、利用してもしなくても金額が変わらない定期券とは異なります。

ただ、「プレミアム」の上限額が、1ヶ月の通勤定期券代と比べると、高くなっている点が気になるかもしれません。金額的にはデメリットですが、上述のように定期券より利用できる範囲が広いので、普段の通勤だけでなく、仕事回りやプライベートを踏まえて、地下鉄利用全体でみると、得になる場合もあります。

割引と請求のしくみ

PiTaPa「プレミアム」では、指定エリア内の利用、つまり「登録駅⇔対象駅」と「対象駅⇔対象駅」の利用を「特定の利用」といいます。請求の上限額は、毎月の「特定の利用」に対して適用されます。

PiTaPaプレミアムのしくみ、特定の利用

エリア外の利用は、乗車駅や下車駅が登録駅や対象駅であっても、「特定の利用」にはなりません。乗車駅から下車駅まで「”特定の利用”以外の利用」としてカウントされます。

※大阪シティバス(旧大阪市バス)、いまざとライナーの利用は「”特定の利用”以外の利用」にカウントされます。

定期券では有効区間を越えて利用(乗り越し)すると、有効区間外の運賃だけが別にかかりますが、「プレミアム」の場合は、乗車駅から下車駅までの運賃全額がかかります。

そして、毎月の請求金額ですが、その月の「特定の利用」分と「”特定の利用”以外の利用」分、それぞれを合算して決まります。

大阪地下鉄のPiTaPa登録割引「プレミアム」の割引と請求しくみ

「特定の利用」「”特定の利用”以外の利用」ともに、1ヶ月分の合計額に対して割引があります(1割引~)。この点、「”特定の利用”以外の利用」でもメリットがあります。

割引の結果、「特定の利用」が上限額を超えていたら、それ以上の金額は帳消しされます。超えていなければ利用した分だけの請求です。

実際の支払いは月ごとに、PiTaPaに登録した銀行口座から引き落としになります。

振替輸送は利用できません

PiTaPa「プレミアム」の利用にあたって、頭の片隅に置いておきたい注意点が、「振替輸送」が利用できないということです。

「振替輸送」とは、事故や故障などで地下鉄の区間の一部で運転が見合わせが起きた場合に、無料でJRや私鉄を利用して迂回できるしくみです。状況や復旧の見込みによって、実施されます。

PiTaPaプレミアムは振替輸送の対象外です

「振替輸送」を利用できる対象は決められています。定期券の利用者は対象ですが、PiTaPa「プレミアム」を含め、ICOCAなどICカードの利用者は入っていません。このため、迂回でJRや私鉄に乗るときは、普通に運賃がかかります。もし、地下鉄の別ルートでうまく迂回できれば、「”特定の利用”以外の利用」になります。

※PiTaPaやICOCAと一体になった定期券は「振替輸送」の対象になります。
※ICカードが「振替輸送」の対象外という取り決めは、大阪メトロだけなく、関西のJRと私鉄共通のものです。関東の鉄道でも同様になっています。

電車が事故や故障などで運転見合わせが起きたときに実施される「振替輸送」とは?もし関西のJR、私鉄、地下鉄で、不運にも遭遇してしまっても、できるだけ損をしないで、そしてスムーズに対処できるように、知っておきたい基礎知識と利用方法をまとめました。




PiTaPa「プレミアム」の利用や登録方法は?

PiTaPaと利用登録が必要です

大阪地下鉄のPiTaPa登録割引「プレミアム」の利用登録方法

繰り返しになりますが、「プレミアム」は、PiTaPaを持っていないと利用できません。PiTaPaが無い人は、先にPiTaPaに入会する必要があります。

PiTaPaは、どんな種類のものでも大丈夫です。他社で定期券と一体化して使っていたり、割引サービスに登録していてもかまいません(ただし、大阪メトロの他のPiTaPa割引サービスとは併用できません)。

また、PiTaPaを持っているだけでは割引を受けられません。事前に「プレミアム」の利用登録をしておかないといけません。

PiTaPaを持っていない人は、まずPiTaPaに入会する必要があります。

ただ、PiTaPaは「ICOCA(イコカ)」などと違って、駅ですぐに買えません。後払い(ポストペイ)式のICカードなので、手に入れるには、入会申し込みをして審査を受けないといけません。

PiTaPaの入会については、公式サイトで確認ください。

「登録駅」の決め方がポイント!シミュレーションで確認!

PiTaPa「プレミアム」の利用登録に先立って、先述したように「登録駅」を1か所を決めておく必要があります。

「登録駅」をもとに「対象駅」(=利用できるエリア)が決まりますので、大事な作業です。例えば、同じ「小エリア」を選んでも、「登録駅」次第で、使い勝手がかなり変わってきますし、かかる交通費にも影響します。

例えば「梅田駅」を「登録駅」にして「小エリア」を選ぶと、「対象駅」はこのようになります。

PiTaPaプレミアムのシミュレーション、梅田登録で小エリア選択

「対象駅」に「難波駅」がギリギリ入っていないので、ミナミに出かけるときは不便です。そんなときは、「登録駅」を「本町駅」をに設定すると、「梅田駅」「難波駅」も「対象駅」となり、市街地の中心部もカバーできます。しかも、上限額は変わりません。

PiTaPaプレミアムのシミュレーション、本町駅登録で小エリア選択

このように、PiTaPa「プレミアム」では「登録駅」を会社や自宅の最寄駅に設定する必要はありません。普段よく利用する駅を「対象駅」としてエリア内に収められるように、「登録駅」を決めることが、「プレミアム」を上手に使いこなして、交通費を節約するためのポイントになります。

「登録駅」と「対象駅」の確認は、大阪メトロの公式サイトでシミュレーションが気軽にできます。「プレミアム」を検討中でしたら試してみてください(下方にリンクがあります)。

ちなみに、「登録駅」や「エリア」の区分は月単位で手数料もなく変更できます。

利用登録をしよう!方法は2つ

「登録駅」が決まったら、PiTaPa「プレミアム」の利用登録をしましょう。その方法には、次の2つがあります。

地下鉄の定期券発売所で

1つ目の方法は、地下鉄の定期券発売所での手続きです。窓口で「登録申込書」を記入して、PiTaPaと一緒に提出するだけで済みます。

【地下鉄定期券発売所】
梅田、東梅田、難波、天王寺、谷町九丁目、玉出、堺筋本町、京橋、なかもず、平野、弁天町 大正、太子橋今市、ポートタウン東

※営業時間や休業日は、定期券発売所によって違いますので、手続きに出向くときは注意してください。大阪メトロの公式サイト(下方にリンクがあります)で確認できます。
※定期券の場合、発売所がある駅までの電車代が無料になる制度がありますが、PiTaPaの登録目的のときは対象外です。普通に運賃がかかります。

インターネットで

2つ目の方法は、PiTaPa公式サイトの「PiTaPa倶楽部」での手続きです。パソコンやスマホから24時間いつでもアクセスできて便利です。操作自体も簡単で2~3分で完了します。

「PiTaPa倶楽部」は、利用者ごとに登録情報や毎月の請求額、明細などが確認できるページです。こちらも最初に利用登録が必要です。

割引の適用がスタートするタイミングと期間は?

PiTaPa「プレミアム」の利用登録を済ませて、実際に割引の適用がスタートになるタイミングは次のようになります。

利用登録の完了日 「プレミアム」が適用されるタイミング
毎月1日~15日なら 登録の当月分から、あるいは翌月分から【選べます】
毎月16日~末日なら 登録の翌月分から

例えば、5月15日に利用登録が完了したら、5月スタートあるいは6月スタートが選べます。5月からにすると、その日以降の地下鉄代から割引が受けられます。

PiTaPaプレミアムの登録と適用開始のタイミングまた、「プレミアム」の利用期間は、登録の際に1ヶ月単位で12カ月先まで、あるいは「無期限」で設定できます。

「無期限」にしておくと、あなたが取り消しの手続きをするまで継続します。特に「プレミアム」には月々かかる費用はありませんので、「無期限」にしておいて不都合はないと思います。

もちろん、登録した期間の途中でも、月単位で取り消し(解約)できます(定期券発売所、インターネット)。違約金などはありません。

取り消しの手続日 「プレミアム」利用終了のタイミング
毎月1日~15日なら 前月末で割引の適用が終了
毎月16日~末日なら 当月末で割引の適用が終了

ちなみに、設定した利用期間が終了した後は、「フリースタイル」という1ヶ月間の利用額に応じた割引サービスが自動的に適用されます。「プレミアム」を再開したいときは、再登録すれば大丈夫です。

PiTaPa「プレミアム」公式サイト(シミュレーションも)

大阪地下鉄のPiTaPaを使った割引サービス「プレミアム」の最新情報は、大阪メトロの公式サイトで確認ください。エリア設定のシミュレーションもできます。

大阪メトロ「プレミアム」公式サイト

大阪地下鉄のPiTaPa「プレミアム」は、指定のエリア内が1ヶ月乗り放題で、請求額は上限付きという割引サービスです。地下鉄の利用状況によっては、定期券よりも便利で安くなります。

ただ、請求の上限額が1ヶ月の定期代よりも少し高い点が気になる人も多いと思います。そんな人には、「マイスタイル」という同じPiTaPaを使った割引サービスもチェックしてみてください。こちらも上限額が設定されていますが、定期券よりも安い設定になっています。ただ、「プレミアム」とは「特定の利用」のカウントの仕方などしくみが違います。どちらもシミュレーションできますので、比べてみることをおすすめします。

【参考】PiTaPa「マイスタイル」

大阪地下鉄(メトロ)やシティバスで通勤や通学の定期券を使うなら、PiTaPa(ピタパ)の割引サービス「マイスタイル」は要チェックです!交通費が安くなって使い勝手も良くなるかもです。その仕組みや注意点など定期券との違いや登録方法を分かりやすく解説します。

【参考】「プレミアム」と「マイスタイル」の違い

大阪メトロのPiTaPa(ピタパ)を使った2つの運賃割引サービス「マイスタイル」「プレミアム」の違いを簡単に紹介します。地下鉄を通勤などで普段よく利用している人で、定期代を節約したいとか、毎月の交通費を見直したいというときは、検討してみる値打ちがありますよ。



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク