.

有馬温泉&六甲山の1泊旅行に阪急の周遊2dayパス!旅館で使える金券付き

神戸の有馬温泉や六甲山へ、電車など公共機関を使って泊まりがけ(1泊2日)で行く際に使えるお得な切符を紹介します。

その切符とは、阪急電車の「有馬・六甲周遊2dayパス」です。期間限定の発売ですが値段も魅力ですが特色のある面白い切符です。その内容や値段、購入方法を紹介します。有馬温泉や六甲山に出かかるときは一度チェックしてみてください。(2019年版)

「有馬・六甲周遊2dayパス」ってどんな切符?

「有馬・六甲周遊2dayパス」は、京阪神の阪急電車の各駅から有馬温泉と六甲山を、2日間自由に周遊できる乗り放題の切符です。

有馬温泉&六甲山へのアクセスをカバー!


有馬温泉と六甲山は、神戸の三宮など市街地からアクセスがとても良くて、電車やバス、ケーブルカーなど公共機関を使って便利に移動できます。

有馬温泉と六甲山の間もロープウェイで行き来できます。絶景を眺められるアトラクションみたいな感じで非日常感が味わいながら移動できるので、神戸観光にはおすすめです。

阪急電車の「有馬・六甲周遊2dayパス」は、市街地と有馬温泉と六甲山を結ぶ交通機関を、2日間乗り放題(乗り降り自由)で利用できます。交通費を気にしないで、いちいち切符を買う手間もなく、観光に”集中”できます。

「有馬・六甲周遊2dayパス」で利用できるアクセス交通

  • 神戸市営地下鉄・北神急行(三宮駅~新神戸駅~谷上駅)
  • 神戸電鉄(谷上駅~有馬温泉駅)
  • 六甲有馬ロープウェー(六甲山頂駅~有馬温泉駅)
  • 神戸市バス16系統(阪神御影駅~阪急六甲駅~~六甲ケーブル下)
  • 六甲ケーブル(六甲ケーブル下駅~六甲山上駅)
  • 六甲山上バス(六甲ケーブル山上駅~ロープウェー山頂駅)

※地下鉄と北神急行は相互に直通しています。谷上駅での神戸電鉄との乗り換えは便利です。
※主な区間の所要時間

・地下鉄三宮駅~有馬温泉駅は片道約30分
・市バスの阪急六甲駅~六甲ケーブル下は約15分
・六甲ケーブルは約10分
・六甲山上バスの六甲山上駅~ロープウェイ山頂は片道約13分
・六甲有馬ロープウェーは片道約12分

行き帰りの阪急電車も乗り放題!

「有馬・六甲周遊2dayパス」は、上記の有馬温泉や六甲山のアクセスに加えて、神戸までの行き帰りに利用する阪急電車も2日間乗り放題できます。

それも乗車駅から神戸までだけではなくて、全線が対象となっていますので、有馬温泉や六甲山のついでに、梅田や宝塚、京都などへ足を延ばしたり、途中下車したりすることができます。

※神戸高速線(阪急神戸三宮駅より西)は利用できません。

宿泊の旅館で使える1,000円分の金券付き!

「有馬・六甲周遊2dayパス」には、有馬温泉や六甲山の旅館やホテルで宿泊した際に、金券として使える「特別利用券」が1,000円分が付いています。

この特別利用券は、宿泊費(現地払いの場合)や飲食代、土産物代など旅館のなかでの支払いに充当できます。夕食でビールやお酒を頼むと1,000円くらいは使うと思いますので、無駄にはなりません。

「特別利用券」が使える旅館やホテル

  • 有馬グランドホテル
  • 有馬ロイヤルホテル
  • 角の坊「欽山」
  • 銀水荘別館「兆楽」
  • 月光園「遊月山荘」
  • 御所坊
  • ねぎや陵楓閣
  • 有馬きらり
  • 上大坊
  • 月光園「鴻朧館」
  • 元湯「古泉閣」
  • 中の坊「瑞苑」
  • 兵衛向陽閣
  • 元湯「龍泉閣」
  • メープル有馬
  • 六甲スカイヴィラ
特別利用券は「じゃらん」「るるぶ」「楽天」などのサイトや旅行会社で予約した際に決済した宿泊費には充当できません。現地払いにすると使えます。

※各旅館でちょっとしたサービスが受けられる「お楽しみクーポン」も付いてます。

観光施設やお店での優待特典も

さらに「有馬・六甲周遊2dayパス」には、有馬温泉や六甲山の観光施設や飲食店、土産物店などで料金の割引などが受けられる「施設優待券」も付いています。

優待が受けられる観光施設

  • 有馬ます池
  • 有馬玩具博物館
  • 切手文化博物館(有馬)
  • 太閤の湯殿館
  • 有馬温泉「太閤の湯」
  • 六甲ガーデンテラス
  • 六甲枝垂れ
  • 六甲山高山植物園
  • 六甲フィールドアスレティック
  • 六甲オルゴールミュージアム
  • 六甲カンツリーハウス  ※順不同

「有馬・六甲周遊2dayパス」の値段は?

以上のような内容が詰まった「有馬・六甲周遊2dayパス」の値段ですが、阪急電車の乗車駅にかかわらず一律で、下記の通りとなっています。大人用のみの発売です。

大人 3,160円

提携の旅館やホテルに宿泊した場合、特典の「特別利用券(1,000円分)」が使えるので、実質は2,160円となって格安です。

ちなみに、神戸の市街地~有馬温泉・六甲山の各アクセス方法の普通運賃はこのようになっています。

地下鉄・北神急行&神鉄:三宮駅~谷上駅~有馬温泉駅 片道930円
神戸市バス:阪急六甲駅~六甲ケーブル下 片道210円
六甲ケーブル:ケーブル下駅~六甲山上駅 片道590円
六甲山上バス:六甲山頂駅~ロープウェイ山頂駅 片道260円
六甲有馬ケーブル:六甲山頂駅~有馬温泉駅 片道1,010円
合計 3,000円

これらをひと通り乗って周遊するだけで、ほぼ「有馬・六甲周遊2dayパス」の元は取れますので、京阪神からの阪急電車代はタダ同然という見方もできます。

ちなみに、阪急電車の主な駅から片道の普通運賃は次の通りです。比較のためにJRを利用した場合の運賃も記しています。

阪急神戸三宮 阪急六甲 JR三ノ宮 JR六甲道
阪急梅田/JR大阪 320円 320円 410円 410円
河原町/JR京都 620円 620円 1,080円 1,080円
阪急宝塚/JR宝塚 280円 280円 760円 670円
神戸三宮/三ノ宮 190円 160円

単純に「神戸三宮~有馬温泉~六甲山~阪急六甲」と周遊した場合、大阪梅田からの往復に比べて13%、河原町からは25%割引とお得です。実際は乗り放題ですし、1,000円の特別利用権もあるので、さらにお得です。

また、出発地によっては有馬、六甲山のどちらかだけでも得になります。プランを決めたら、計算してみてください。

「有馬・六甲周遊2dayパス」の発売期間&有効期間

発売期間(買える期間)

「有馬・六甲周遊2dayパス」は期間限定の発売となっています。

【2019年版】
2019年(平成31年)4月1日~2019年(令和元年)12月21日

有効期間(使える期間)

【2019年版】
2019年(平成31年)4月1日~2019年(令和元年)12月22日のうちの連続した2日間
※始発から終電まで乗り放題で利用できます。

「有馬・六甲周遊2dayパス」はどこで買える?(購入方法)

「有馬・六甲周遊2dayパス」は阪急電車の主要駅にある「ごあんないカウンター」で購入できます。利用する当日はもちろん、事前に買っておくこともできます。朝6時から終電まで営業していて利用しやすくなっています。

阪急電車の「ごあんないカウンター」のある駅

  • 梅田駅、十三駅、塚口駅、西宮北口駅、夙川駅、神戸三宮駅、豊中駅、石橋駅、川西能勢口駅、宝塚駅、淡路駅、北千里駅、茨木市駅、高槻市駅、桂駅、河原町駅

※神戸では神戸三宮駅で買えます。

※事前に購入する場合は、有効期間に注意してください。買ったあとで使わなくなったときは、有効期間内で乗車券や特別利用券など全てが未使用に限って払い戻ししてもらえます(手数料がかかります)。

「有馬・六甲周遊2dayパス」公式サイト

「有馬・六甲周遊2dayパス」の最新情報については、阪急電車の公式サイトで随時確認ください。

阪急電車公式サイト

「有馬・六甲周遊2dayパス」には、提携旅館で使える特別利用券(1,000円分の金券)がついていますが、必ず有馬温泉に泊まらないといけないことはありません。乗り放題切符なので、三宮や大阪梅田に泊まるというプランも組みやすいですし、2日連続で有馬や六甲に日帰りで出かけるという使い方もできます。

有馬温泉や六甲山に泊りがけでなく、日帰りで出かける際は、1日用の「1dayパス」もあります。有馬で入浴券付きで阪急電車版は2,560円となっています。日帰りなら昼間は有馬で温泉を楽しんで、帰りに六甲山に登って神戸の夜景を鑑賞してから帰るというコースもいいですよ。

神戸の有馬温泉と六甲山へ日帰りで出かけるなら「有馬・六甲周遊1dayパス」という切符がおすすめ。アクセスが乗り放題、温泉入浴つきで26%以上安くなります。さらに大阪、京都、姫路方面からは電車代込みで激安!その魅力的な内容と値段、購入方法を紹介します。
スポンサーリンク