.

大阪から和歌山へ日帰りなら南海電車の「観光きっぷ」が最大3割引き!

南海電車「和歌山観光きっぷ」

大阪から電車で和歌山へ市内観光に出かけようかと思い立った時に、確認しておきたい切符が、南海電車が発売している「和歌山観光きっぷ」です。

和歌山市内の移動手段は路線バスが中心になります。「和歌山観光きっぷ」ならそのバス代を節約できて、使い方によってはかなりお得になります。その内容や値段、購入方法を紹介しますので、出かける予定があるのでしたら参考にしてみてください。




「和歌山観光きっぷ」ってどんな切符?

大阪から日帰り用です。

「和歌山観光きっぷ」は、大阪から和歌山へ日帰り用の切符です。泊りがけで出かけるときには使えません。

ただ、「和歌山観光きっぷ」には大阪⇒和歌山の「片道版」も用意されています。宿泊旅行や帰省の場合はこちらが使えます(帰りは自己手配です)。

電車往復+バス1日乗り放題!

南海電車「和歌山観光きっぷ」は電車往復とバス乗り放題

「和歌山観光きっぷ」は、南海電車の大阪から和歌山まで往復または片道の乗車券と和歌山市内や周辺のバスの1日乗車券がセットで割引になった切符です。和歌山市内の観光地へは路線バスを使ってほとんど行くことができます。

  • 南海電車の発売駅~和歌山市駅間の往復または片道(途中下車できません)
  • 和歌山バスと和歌山バス那賀の全路線が乗り放題(空港バス、高速バス、コミュニティバスを除く)

※発売駅は難波駅、新今宮駅、天下茶屋駅、住吉大社駅、堺駅、関西空港駅(片道版のみ)だけです。
※バスが利用できる範囲については、各社のサイトで確認ください。

和歌山バス

和歌山バス那賀

路線バスは、お客様のご利用なくては成り立ちません。地域の公共交通維持のため路線バスのご利用をお願いいたします。

観光施設やラーメン店などの割引特典も!

南海電車「和歌山観光きっぷ」の特典
「和歌山観光きっぷ」(案内が書かれた総括券)を提携の観光施設や和歌山ラーメン店、土産物店などで提示すると料金の割引などの優待が受けられる特典が付いています。

主な優待が受けられるところ

  • 和歌山城・わかやま歴史館
  • 紀州東照宮
  • 紀三井寺
  • 番所庭園
  • 和歌山市立博物館
  • 紀州黒潮温泉
  • 井出商店(和歌山ラーメン)
  • まるイ(和歌山ラーメン)
  • まるやま(和歌山ラーメン)
  • グリーンコーナー(和歌山ラーメン)
  • 勝喜梅本店(梅干)
  • 御菓子司鶴屋忠彦
  • 和歌山市観光土産品センター など(順不同)

「和歌山観光きっぷ」の値段は?どれくらいお得?

「和歌山観光きっぷ」は4種類

「和歌山観光きっぷ」は、先述のとおり「往復版」と大阪⇒和歌山の「片道版」があります。さらに、それぞれに、特急「サザン」の指定席が利用できる「座席指定券付き版」とそうでない「通常版」が用意されていて、都合4種類が用意されています。値段は次の通りになっています。

【往復版】(大阪~和歌山市)

通常版 特急指定券付き
大人 1,980円 2,490 円
子供 980円 1,250円

【片道版】(大阪⇒和歌山市)

通常版 特急指定券付き
大人 1,400円 1,700 円
子供 700円 860円
難波駅から和歌山市駅まで特急(サザン)で約1時間です。「通常版」でも特急の一般車両(自由席)には乗車できます。

「和歌山観光きっぷ」は通常より最大30%も得!

「和歌山観光きっぷ」がどれくらいお得なのか。「和歌山観光きっぷ」を使った場合と使わずに普通に乗車した場合を比べてみました。

「通常版」で、和歌山では「和歌山観光きっぷ」のバス乗り放題部分と同じ内容の和歌山バスと和歌山バス那賀共通の「一日乗車券」(1,000円)を買ったという前提です。

主な駅からの比較

発着駅 往復運賃 バス一日券 通常合計 観光きっぷ 割引
難波 1,840円 1,000円 2,840円 1,980円 30%割引
新今宮 1,740円 1,000円 2,740円 1,980円 28%割引
天下茶屋 1,740円 1,000円 2,740円 1,980円 28%割引
1,660円 1,000円 2,660円 1,980円 26%割引

【片道版】

発着駅 片道運賃 バス一日券 通常合計 観光きっぷ 割引
難波 920円 1,000円 1,920円 1,400円 27%割引
関西空港 870円 1,000円 1,870円 1,400円 25%割引

あこのように、日帰り往復した場合、難波駅から30%など高い割引率となってお得です。ちょっとした食事代やお土産代が出ます。

【参考】南海電車の普通運賃(大人)

難波~和歌山市 920円(往復1,840円)
新今宮・天下茶屋~和歌山市 870円(往復1,740円)
堺~和歌山市 830円(往復1,660円)
関西空港~和歌山市 870円(往復1,740円)

ちなみに、大阪から和歌山までJRを利用した場合、JRの運賃はこのようになっています。単純に値段だけみると南海電車の「和歌山観光きっぷ」の方がお得です。

JR難波・新今宮~和歌山 1,080円(2,160円)
天王寺~和歌山 840円(1,640円)
大阪~和歌山 1,240円(2,480円)
関西空港~和歌山 890円(1,780円)

※南海電車の和歌山市駅とJRの和歌山駅は約3km離れています。

和歌山で路線バスを使うならお得!

電車で大阪~和歌山を往復するだけなら「和歌山観光きっぷ」(1,980円)の方が少し高くなりますが、和歌山に着いてから、最短区間を1、2回だけでもバスに乗ると元が取れます。

南海電車「和歌山観光きっぷ」は和歌山バスが乗り放題

和歌山のバスの運賃は距離制なので比較的高めです。和歌山に着いてから、和歌山城や紀三井寺やマリーナシティ、和歌浦などへ路線バスを使って移動するという場合は「和歌山観光きっぷ」がお得です。

バスの主な区間の運賃(片道)

初乗り運賃 210円
和歌山市駅~JR和歌山駅 230円
和歌山市駅~マリーナシティ 510円
和歌山市駅~和歌浦 380円
和歌山市駅~紀三井寺 400円

和歌山の人気スポット、遊園地のポルトヨーロッパや黒潮市場がある「和歌山マリーナシティ」へ行くなら「和歌山観光きっぷ」が断然お得です。

しかも、「和歌山観光きっぷ」ではこれらのバスが1日乗り放題(乗り降り自由)なので、運賃を気にせず、あちこち行ったり、気ままに途中下車したりできます。

指定券付きは座席指定料金が実質半額に!

南海電車「和歌山観光きっぷ」は特急サザン指定席が半額

座席指定券付きの「和歌山観光きっぷ」なら、特急の指定席が通常料金よりも安く、実質半額で利用できます。

通常の座席指定料金 片道510円
和歌山観光きっぷ 通常版と指定券付き版の差額510円⇒片道255円

※通常版の「和歌山観光きっぷ」で指定席を利用する場合は、通常料金で座席指定券を別に購入する必要があります。

※往きの難波駅、帰りの和歌山市駅は始発駅なので、特急は指定席でなくても座れる確率が高いですが、時間帯によっては混雑して落ち着かないことがあります。車内でゆったり過ごしたい人はやはり指定席がおすすめです。



「和歌山観光きっぷ」の発売期間と有効期間

発売期間(買える期間)

「和歌山観光きっぷ」は、下記の期間で発売しています。

【2019年上期版】
2019年(平成31年)4月1日〜(令和元年)9月30日

有効期間(使える期間)

【2019年上期版】
2019年(平成31年)4月1日〜(令和元年)9月30日のうちの1日

※「和歌山観光きっぷ」は紙の切符です。購入するの際に使用日を申告します。その日付が印字された切符が発券されます。

「和歌山観光きっぷ」はどこで買える?(購入方法)

「和歌山観光きっぷ」は発売期間中、下記の南海電車の駅窓口で使用する日の1か月前から購入できます。支払いにクレジットカードも使えます。発売している駅が限られていますので注意してください。

難波駅(2階のサービスセンター・3階改札口の特急券発売所)、新今宮駅、天下茶屋駅、住吉大社駅、堺駅、関西空港駅(片道版のみ)

※購入後に使わなくなった場合は、有効期間内で未使用で全て揃っている場合に限って、買った場所で払い戻ししてもらえます。その際、手数料が510円かかります。

「和歌山観光きっぷ」公式サイト

「和歌山観光きっぷ」の発売情報や最新情報については南海電車の公式サイトで確認ください。

南海電車公式サイト

和歌山を路線バスを使って観光する場合は、和歌山バスの公式サイトにある経路検索「わかやま交通案内」が使いやすくて便利です。

点と点を結ぶ路線がなかったり、本数が少なかったりしたとき、途中でバスを乗り継ぐことでスムーズに行けたりします。普通だとバス代がかかりすぎて仕方がない(しかも高い!)ですが、「和歌山観光きっぷ」なら乗り放題なので気楽です。

大阪から電車で和歌山観光に出かけるなら、南海の「和歌山観光きっぷ」は要チェックです!



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク