.

京阪神のJRが2日間乗り放題のお得な切符【エリアパスの購入方法】

京都・大阪、神戸の安いJR乗り放題切符「京阪神エリアパス」の内容、値段、発売期間、購入方法

お悩み中
お悩み中
大阪、京都、神戸のJRを乗り放題できるお得な切符があれば知りたい。

この記事の内容

  • JR西日本の「京阪神エリアパス」という乗り放題切符を紹介します。

京都~大阪~神戸で、JRを乗り放題できる格安切符をお探し中のあなたに、「京阪神エリアパス」を紹介します。

これは、JR西日本の京阪神地区版「2日用」の乗り放題切符です。

ただ、駅などで一般発売されていません。「大阪楽遊パス」という観光周遊券と”抱き合わせ”販売になっています。

大阪の観光を中心に、京都や神戸へも足を延ばす場合はもちろんですが、全く観光しないでJRの利用だけでもお得なんです。

観光目的でないあなたも、要注目です。

ここでは、「京阪神エリアパス」の内容、値段、発売期間、購入方法をまとめました。

この記事で、JR「京阪神エリアパス」について、ひと通り知ることができます。
まあちん
まあちん





JR「京阪神エリアパス」ってどんな切符?

京都・大阪、神戸の安いJR乗り放題切符「京阪神エリアパス」の内容、値段、発売期間、購入方法

京阪神のJRが2日間乗り放題!

「京阪神エリアパス」では、京阪神地区のJR路線(下図)が、連続した2日間乗り放題(乗り降り自由)できます。

【乗り放題できる範囲】

JR乗り放題切符「京阪神エリアパス」の乗り放題範囲

※乗り放題範囲内では、普通列車(快速、新快速も含む)が利用できます。新幹線や特急は利用できません(追加料金が必要です)。

※範囲外へ乗り越した場合は、境界の駅からの普通運賃がかかります。

「大阪楽遊パス」とセット販売

京都・大阪、神戸の安いJR乗り放題切符「京阪神エリアパス」の内容、値段、発売期間、購入方法

JR「京阪神エリアパス」は、それだけを単品で販売されていません。「大阪楽遊パス」とセットになっています。

「大阪楽遊パス」とは、大阪市内の観光施設20か所以上が利用できるQRコード式でチケットレスのお得な電子版周遊券です。

【 大阪楽遊パスで利用できる施設の例】

  • 梅田スカイビル「空中庭園展望台」
  • 絹谷幸二「天空美術館」
  • HEP FIVE観覧車
  • キャプテンライン
  • とんぼりリバークルーズ
  • ジーライオンミュージアム
  • さきしまコスモタワー展望台
  • 帆船型観光船「サンタマリア」デイクルーズ
  • 大阪城御座船
  • 大阪水上バス「アクアライナー」
  • レゴランド・ディスカバリー・センター大阪
  • 通天閣
  • 通天閣タワースライダー(滑り台)
  • レッドホースオオサカホイール(大観覧車)
  • 天然温泉「なにわの湯」
  • 道頓堀ZAZA POCKET’S ZAZAお笑いライブ
  • 四天王寺(中心伽藍、本坊庭園)  など ※順不同

上記は一例ですが、「大阪楽遊パス」は、このような施設がすべて利用できて、値段は超破格。

1日券 2,000円
2日券 2,500円

たとえば、梅田スカイビル「空中庭園展望台」の入場料だけでも1,500円します。

対象の施設に、あなたの行きたいところが数か所入っていたら、「大阪楽遊パス」はお得に楽しめます。

【参考記事】

JR「京阪神エリアパス」の値段は?

京都・大阪、神戸の安いJR乗り放題切符「京阪神エリアパス」のお得な値段

JR「京阪神エリアパス」の値段はこちら。大人用のみの発売です。

大人 1,300円

この金額で2日分です。

京阪神の主な区間の通常運賃はこんな感じ(大人片道)なので、元はすぐに取れます。

初乗り運賃(最短区間) 130円~160円
京都駅~大阪駅 570円
京都駅~ユニバーサルシティ駅 810円
京都駅~嵯峨嵐山 240円
京都駅~三ノ宮駅 1,100円
京都駅~舞子駅 1,610円
新大阪駅~大阪駅 160円
大阪駅~三ノ宮駅 410円
大阪駅~ユニバーサルシティ駅 180円
大阪駅~天王寺 200円
三ノ宮駅~ユニバーサルシティ駅 650円
三ノ宮駅~新大阪駅 560円
三ノ宮駅~舞子駅 310円

でも、先述の通り、「京阪神エリアパス」は「大阪楽遊パス」とセット販売。実際に買う場合は両方の値段がかかります。

大阪楽遊パス1日券とセット 3,300円
大阪楽遊パス2日券とセット 3,800円

大阪で観光施設を利用するなら、かなり割安、お得です。

あと、観光不要で「大阪楽遊パス」を使わずに捨て、JRの2日乗り放題だけ利用しても、この金額は、高くはありません。

京都・大阪、神戸の安いJR乗り放題切符「京阪神エリアパス」の値段

「大阪楽遊パス」の1日券と組み合わせなら、2日間で3,300円、1日当たり1,650円です。

JRの通常運賃や乗り放題できる範囲を考えると、コスパはいいです。そもそも「京阪神エリアパス」の値段が安すぎるんです。

参考までに、普段売られている乗り放題切符の値段はこうなっています。

JRでは、京阪神地区だけの乗り放題切符は発売されていません。そのなかで「京阪神エリアパス」は貴重な存在です。「大阪楽遊パス」を捨ててでも、値段的には魅力。使い方次第では1日でも元が取れます。
まあちん
まあちん

JR「京阪神エリアパス」の発売期間と有効期間は?

京都・大阪、神戸の安いJR乗り放題切符「京阪神エリアパス」の発売期間、有効期間

発売期間(買える期間)

現在のところ、発売期限の設定は公表されていません(発売中)。

※企画商品なので、発売休止や終了になることがあります。事前に購入サイトで最新状況を確認ください。

有効期間(使える期間)

指定した利用日から連続した2日間。

※2日間は連続していないといけません。飛び飛びはだめ。

※利用当日は始発から終電まで乗り放題できます。

JR「京阪神エリアパス」の購入方法、利用方法は?

購入はインターネット限定

京都・大阪、神戸の安いJR乗り放題切符「京阪神エリアパス」の購入方法

「京阪神エリアパス」は、インターネットで「大阪楽遊パス」と同時に購入します。駅では買えません。

まず始めに、「大阪楽遊パス」の利用日を予約して(使わない場合も適当に)、「京阪神エリアパス」のセットプランを選びます。

「京阪神エリアパス」とセットの場合は、基本的に利用の前日までの発売です。

利用日を予約し、購入手続きが完了すると、ほどなく「大阪楽遊パス」と「京阪神エリアパス」それぞれのバウチャー(利用証・購入証)がメールで届きます。

「京阪神エリアパス」は引き換えが必要

「大阪楽遊パス」は、利用予約した当日に、届いたバウチャー(QRコードが記載)を表示させたスマホ画面を観光施設の入口や受付で提示すると、そのまま利用できます。

一方、「京阪神エリアパス」は、利用する前に指定場所(下記)で、バウチャーを切符の現物(紙)に引き換える必要があります。

バウチャーのままでは使えません。

【京阪神エリアパス引き換え場所】

大阪
京都

このように、引き換え場所が限られているうえに、それぞれに営業時間のしばりもあります。特に日本旅行は11時営業開始と遅いです。

あなたの出発地や行程によっては、都合が悪いかもしれませんので、「京阪神エリアパス」を買う前に、(引き換えに行けるかどうかを)確認ください。

また、「京阪神エリアパス」セットプランは購入した後、取り消しできません。

「京阪神エリアパス」引き換えのタイミング

京都・大阪、神戸の安いJR乗り放題切符「京阪神エリアパス」の購入方法

「京阪神エリアパス」の引き換えや実際の利用するタイミングは、「大阪楽遊パス」の利用日と一緒でなくても構いません。

「京阪神エリアパス」の利用開始日は、「大阪楽遊パス」の利用予約日から90日以内で自由に設定できます。

例えば、「大阪楽遊パス」の利用日が4月1日なら、4月1日から6月29日までの間で引き換え・利用開始できます。

引き換えた「京阪神エリアパス」を実際に使うときは、駅の自動改札機に通します。

「大阪楽遊パス」+「京阪神エリアパス」の詳細・予約京都・大阪、神戸の安いJR乗り放題切符「京阪神エリアパス」の内容、値段、発売期間、購入方法



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク