たま駅長&可愛い電車で話題!和歌山の貴志川線は乗り放題切符が得!

猫の「たま駅長」や、「いちご電車」「おもちゃ電車」「たま電車」「うめ星電車」という可愛らしい特別車両で話題のローカル線、和歌山電鐵の貴志川線は、今や和歌山観光の人気”アトラクション”になっています。最近はバスツアーにもよく組み込まれています。

ここでは、貴志川線を利用する際に便利でお得な切符を紹介します。

和歌山電鐵貴志川線ってどんなローカル線?

和歌山電鐵貴志川線は、JR和歌山駅と郊外の貴志駅を結ぶ約14.3kmの路線です。

和歌山駅と貴志駅までの所要時間は片道30分ほどです。日中は1時間に2本運行されていますので、和歌山市内の観光や出張ついでにも、気軽に乗って足を伸ばせます。

猫の「たま駅長」が勤務中!

和歌山電鐵といえば猫の「たま駅長」。現在は2代目「ニタマ」が貴志駅で”勤務”しています。勤務時間は10時から16時、公休日は水木です。貴志駅の建物は猫をあしらった伝統的な檜皮葺です。

また、途中の「伊太祁曽(いだきそ)駅」では、三毛猫の「よんたま」が駅長に就いています。勤務時間は10時から16時、公休日は月金です。どちらも普段は制服は着ていません。

※初代のたま駅長は「たま大明神」として貴志駅の「たま神社」に祀られています。

貴志駅に駐車場はありません!電車で行くべし!

貴志駅には駐車場がありません。貴志駅へは和歌山や伊太祁曽駅併設の駐車場を利用して、電車を利用することになります。

※伊太祁曽駅の駐車場は1日200円で利用できます。

4種類の可愛い電車で運行中!

「たま駅長」とともに和歌山電鐵貴志川線の目玉は可愛らしい特別車両の電車です。「いちご電車」「おもちゃ電車」「たま電車」「うめ星電車」の4種類が走っています。

これらは、最近流行の外装だけのラッピング車両ではなく、内装も電車とは思えないしっかり作り込まれたもの。車内に一歩足を踏み入れた途端、「おおっ!」となります。乗車には特別な料金は必要なく、普通運賃で乗れるのも魅力です。

貴志川線のほとんどの便が特別車両で運転されますが、なかに一般車両の”外れ”の便があります。和歌山電鐵の公式サイトに車両別の時刻表が掲載されていますので、目的の車両があれば事前に確認しておきましょう。

沿線のパワースポット「3社参り」も!

「たま駅長」や特別車両以外にも、貴志川線の沿線には、古事記や日本書紀にも記載がある「日前神宮・國懸神宮(ひのくまじんぐう・くにかかすじんぐう)」「竈山(かごやま)神社」「伊太祁曽(いだきそ)神社」という3つの神社があります。せっかくなので、途中下車して由緒あるパワースポットでお参りしてみては。

和歌山電鐵貴志川線のお得な乗り放題切符(通年発売)

和歌山から往復運賃よりも安い「1日乗車券」

1日乗車券」は、和歌山電鐵貴志川線が1日乗り放題(乗り降り自由)で利用できる切符です。沿線の提携施設や飲食店で提示すると料金の割引など優待が受けられる特典も付いてます。

有効区間

  • 和歌山電鐵貴志川線の全線

値段

貴志川線「1日乗車券」の値段はこのようになっています。

大人 780円
子供 390円

ちなみに、貴志川線の主な区間の普通運賃は表のとおり。

初乗り運賃 190円
和歌山駅~貴志駅 400円
和歌山駅~伊太祁曽駅 310円
伊太祁曽駅~貴志駅 310円

和歌山駅~貴志駅間を利用する場合は往復運賃(800円)よりも「1日乗車券」の方が安くなります。

有効期間

利用当日の1日間限り有効です(始発~終電)

購入できるところ

  • JR和歌山駅9番線ホーム(始発から終電)
  • 伊太祁曽駅(9:00~17:30)
  • 貴志駅売店(10:00~16:15)
  • 貴志駅たまカフェ(9:15~17:15、水曜定休)
  • 和歌山バスの和歌山駅定期券発売所
    ※電車の車内では買えません。

和歌山市内でバスも利用するなら「バス旅・鉄旅乗り歩きっぷ」

貴志川線の利用とあわせて、観光や仕事などで和歌山市内の移動に路線バスを利用する場合は、「バス旅・鉄旅乗り歩きっぷ」という切符があります。

和歌山電鐵貴志川線と和歌山市内の路線バス(和歌山バス)の全線が1日乗り放題で利用できるというものです。

また、特典として和歌山城や紀三井寺、マリーナシティなど観光施設や飲食店、土産物店約50か所で料金の割引など優待が受けられるクーポン券が付いています。

有効区間

  • 和歌山電鐵貴志川線の全線
  • 和歌山バス・和歌山バス那賀の全線

※和歌山市内や周辺の広い地域をカバーしています。
※高速バス、空港バスは利用できません。

値段

「バス旅・鉄旅乗り歩きっぷ」は1日用と2日用があり、値段は下記の通りです。

1日用 2日用
大人 1,600円 2,400円
子供 800円 1,200円

主な区間の普通運賃

バス初乗り運賃 210円
JR和歌山駅~南海和歌山市駅 230円
JR和歌山駅~マリーナシティ 510円
JR和歌山駅~紀三井寺 400円
JR和歌山駅~和歌浦 380円
JR和歌山駅~公園前(和歌山城) 230円
全線フリー1日乗車券 1,000円

和歌山バスの運賃は距離制になっています。市内中心部はだいたい230円のところが多いですが、少し離れると運賃が思いのほかかかってきます。また、バスを乗り継ぐたびに運賃が初乗り運賃がかかりますので、特に紀三井寺やマリーナシティ、和歌浦など市街地から離れた場所へ行く際は「1日乗車券」の利用が便利です。

また、1日乗車券を和歌山バス、和歌山電鐵それぞれ別々に買うよりも、「バス旅・鉄旅乗り歩きっぷ」を買った方が若干安くなります。2日用は割安感があります。

有効期間

「バス旅・鉄旅乗り歩きっぷ」の1日用は利用当日限り、2日用は利用日とその翌日の2日間、始発から終電まで有効です。

購入できるところ

  • (南海)和歌山市駅定期券発売所
  • (南海)和歌山市駅高速バス営業センター
  • (南海)和歌山市駅前観光案内所
  • 和歌山駅(西口)定期券発売所
  • 紀伊駅前定期発売所
  • 和歌山電鐵の和歌山駅、伊太祁曽駅、貴志駅

空港バスの片道券とのセット券も

「バス旅・鉄旅乗り歩きっぷ」(1日券)に、和歌山と関西空港間の空港リムジンバスの片道乗車券が付いたセット割引券も発売されています。

値段は2,600円。空港バスの普通運賃は1,150円なので150円お得です。有効期間は利用当日限りです。和歌山バスの和歌山駅定期券発売所と、関空のリムジンバスのりばで購入できます。

出かける前に最新情報を公式サイトでチェック!

和歌山電鐵貴志川線に乗りに行く前には、最新の「たま駅長」の勤務状況や特別車両の運行時刻などを公式サイトで確認しておきましょう。

大阪方面から和歌山電鐵に乗りに行く場合は、南海電車の「和歌山観光きっぷ」を利用するとお得です。南海電車の和歌山市駅までの往復乗車券と和歌山バスの1日乗車券がセットで割引になった切符です。和歌山市駅~JR和歌山駅までのバスの片道だけで元が取れます。

⇒南海電車の「和歌山観光きっぷ」の内容は?