.

【知ってるつもりの定期券】ホンマに得?割引率は?何日で元が取れる?

定期券とは?ホンマに得?割引率は?何日で元が取れる?

お悩み中
お悩み中
定期券を買った方が得?それもと損?

こんなお悩みを解決します。

この記事の内容

  • そもそも定期券って何?
  • 定期券の割引率はどれくらい?
  • 定期券は何日で元が取れる?

通勤や通学などにかかる交通費を節約する方法というと、真っ先に思い浮かぶのが「定期券」だと思います。

定期券は一番お得だと”アホの一つ覚え”みたいに思ってません?

確かに普通の切符に比べると割安ですが、あなたにとってホンマに得なのか、あるいは損なのかは別問題。要は使い方次第だからです。

そこで、知っているようで知らない!?定期券の基礎知識の確認したうえで、普通の切符よりどれくらい安いのか?その割引率についてまとめました。

初めて定期券を買うあなたもご参考に。

あなたが定期券を買うときに、はたして得なのか損なのかを判断できるようになりますよ。
まあちん
まあちん

ここで取り上げる定期券は、特に電車(鉄道)の一般的なものです。関西のJRや私鉄、地下鉄の例を使って、紹介します。




そもそも定期券って何?【基礎知識】

定期券が得か損かの前に、そもそも定期券がどんなものなのかを知っておく必要があります。普段使いまくっていても、案外知らないことがあるものです。

その基礎知識を、確認しておきましょう。

定期券とは?

定期券とは、指定した区間を有効期間中、何回でも乗り降りできる乗車券です。正式には「定期乗車券」といいます。

定期券の基本の「き」

  • 指定区間のなかは乗り降り自由です。ただし経路が決まっています。
  • 有効期間は、1か月、3か月、6か月間が主流です。
  • 記名式です。本人しか使えません。

定期券を買うときは、自宅や職場、学校の最寄駅など駅を2つ指定します。複数の経路(ルート)がある場合は、それも指定します。

この指定した2駅の間では、ルート上にある途中の駅で自由に乗り降りできます。つまり、定期券の区間は乗り放題です。

定期券の基礎知識

定期券の区間を乗り越した場合は、乗り越した区間の通常運賃を別に支払います。

定期券の有効期間は、基本的に1ヶ月、3ヶ月、6ヶ月間の3種類だけです。自分で期間を決められません。定期券の不便なところです。

具体的には、使用開始日から、

  • 1ヶ月定期券の場合は1ヶ月後の同じ日の前日まで。
  • 3ヶ月定期券の場合は3ヶ月後の同じ日の前日まで。
  • 6ヶ月定期券の場合は6ヶ月後の同じ日の前日まで。

それぞれ、開始日の始発から終了日の終電まで、乗り放題で使えます。

もし、有効期間中に使わなくなった場合は、払い戻しを受けられます。

ただ、計算方法が独特(月単位)で、手数料(220円が相場)もかかりますので、返金額は多くありません。タイミングによっては返金無しのこともあります。

そして、定期券には名前と年齢が記載され、その本人しか使えません。他人に貸したり、譲ったりすることは禁止されています。

複数の鉄道会社や路線バスを乗り継いで通勤、通学する場合、組み合わせによっては、定期券を1枚にまとめることができます(「連絡定期券」と呼ばれます)。

連絡定期券を作れる対象や範囲は鉄道会社ごとに決まっています。

例えば、京阪電車の場合、JR西日本、近鉄電車、京都市営地下鉄、南海電車、大阪メトロ、阪急電車、阪神電車、大阪モノレール、叡山電車との連絡定期券を発売しています(最大3社連絡)。他の会社は無理。

この連絡定期券ですが、複数枚の定期券が1枚になっただけで、割引など値段的なメリットはありません(地下鉄&市バス連絡定期など一部にはあります)。

あと、定期券は、利用している区間が運休して、他社に振り替えが実施されている場合、そのままで振り替え輸送を利用できます(関西の場合)。

もし振り替え輸送もなく、連続5日以上運休が続いた場合は、日数分の払い戻しや有効期限の延長が実施されます。1日~数日の運休は、まるまる損です。

有料の特急や指定席車がある路線では、定期券があれば、特急券や座席指定券など追加で買うだけで利用できます(一部除く)。

【関西の場合】

  • JR西日本(在来線特急・新幹線の一部、新快速Aシート
  • 近鉄電車(特急)
  • 南海電車(サザン指定席、ラピート、こうや、りんかい、泉北ライナー)
  • 京阪電車(プレミアムカー、ライナー)
  • 京都丹後鉄道(特急、ライナー)
  • 智頭急行(特急)

定期券のカタチ

定期券のカタチ(形状)には次の2つがあります。

  • 磁気カード式
  • ICカード式

ローカル線には紙製のところもありますが、鉄道会社の多くは磁気式、あるいは磁気式とIC式の両方を採用していています。

磁気カード式は、従来の裏が黒色で薄くペラペラしたプラスチック製のもの。自動改札機に「通す」タイプ。

ICカード式は、IC乗車券(関西では「ICOCA(イコカ)」「PiTaPa(ピタパ)」)に、定期券の機能をプラスしたもの。自動改札機に「タッチする」タイプ。

ICカードを持っていなければ、入手しておかないといけません。
(ICOCAは定期券売り場でOK。保証金500円がかかります。PiTaPaは入会申し込みが必要で数週間かかります。)

両方を扱っている鉄道会社では、買うときに好きな方を選べます。なお、利用区間や券種(通勤/通学など)、連絡定期券の組み合わせによって、どちらかに限定されることがあります。

定期代や基本的な使い方は同じですが、下記の点に違いがあります。

磁気カード式 ICカード式
  • 普通の切符(乗車券)や回数券、別の磁気式定期券と組わ合わせて使えます(ICカードは不可)。
  • 紛失した際、再発行できません。買いなおしになります。
  • 乗り越ししたときは下車駅の改札機で自動精算します。
  • 紛失した際、再発行できます(買いなおす必要なし)。
  • 普通の切符(乗車券)、回数券、別の定期券、ICカードと組み合わせて使えません。

大きな違いは、紛失したり盗難に遭った場合、再発行ができるかどうかです。

磁気式は失くしたらおしまいですが、IC式は再発行が可能。定期券は高い買い物なので、不都合がなければ、IC式をおすすめします。

なお、期間の途中でも「磁気⇔IC」の変更はできます(発行替え)。手数料もかかりません。

関西の鉄道では、ほとんどの会社で「ICOCA」「PiTaPa」が使えますが、定期券の発行は別です。

主な鉄道会社の取り扱い状況は下図のとおりです。

ICOCA定期 PiTaPa定期
JR西日本 ×
近鉄電車 ×
南海電車
京阪電車 ×
阪急電車
阪神電車・神戸高速
山陽電車
神戸電鉄
能勢電鉄
泉北高速
大阪メトロ ×
神戸市営地下鉄
京都市営地下鉄 ×
北大阪急行
大阪モノレール ×
ポート/六甲ライナー ×

「×」が付いている会社でも、「○」の他社との「連絡定期券」なら買えることがあります(○側の会社で購入)。

例えば、大阪メトロ~阪急電車の連絡定期券の場合、大阪メトロではPiTaPa定期を扱っていませんが、阪急電車の発売所でならPiTaPa定期が買えます。

※IC定期券は「ICOCA」「PiTaPa」以外の「Suica」「PASMO」「TOICA」といった他地域のカードでは作れません。

定期券の種類

一般的な定期券には2種類あります。

  • 通勤定期券
  • 通学定期券

これをみると、定期券は「通勤」「通学」以外の目的では買えないと思うかもしれませんが、実はそうではありません。

「通勤定期券」は誰でも買える。

通勤定期券は、「通勤」と名前が付いていますが、通勤に限らず、習い事、通院、バイトなど、どんな目的でも作れます。目的を尋ねられることもありません。

そして、お金さえ出せば、サラリーマンでなくても、誰でも買えます。身分証明書も必要ありません。なんと子供用の「通勤定期券」もあります(使う場面が想像しにくいですが。。。)

また、利用する区間も自由に設定できます。

同じ区間を頻繁に利用するようでしたら、通勤定期券の購入を検討してみることをおすすめします。回数券よりも割引率がいいです(後述します)。

「通学定期券」は限定発売。

通学定期券の基礎知識

通学定期券の方は、文字通りの「通学」目的に限定されています。

そして、定期代は、同じ区間の通勤定期券より4~6割も安く設定されています。

通学定期券は、修学上の経済的負担を軽減することを目的に大幅な割引をしているため、
(JR西日本公式サイトより)

誰でも好きに買えるものではなく、発売の条件がいくつかあります。

  • 「鉄道会社が指定した」学校に在籍中の生徒や学生が対象。
  • 発売は「学校が証明した」自宅最寄駅~学校最寄駅の(最短)区間のみ。
  • 塾やバイト、部活、就活などが目的では買えません。

通学定期券を買うときは「学生証・生徒証」や「通学証明書」の提示が必要です。これらがあれば、代理人でも購入できます。

ちなみに、証明書類は「鉄道会社が指定する」学校が発行したものでないと受け付けてもらえません。

小学校、中学校、高校、高専、大学は指定されています。

要注意は、専門学校や予備校です。

運営者が「学校法人」でしたら、たいがい大丈夫ですが、対象の学科やコースが限定されていることがあります。

予備校だと、高校生向けのコースや夏期講習などは、対象外の場合がほとんどです。

いずれにしても、念のため、入学前に学校に確認する方が安心です。通学定期券が買えるかどうかで、費用がかなり変わってきますので。

あと、定期券が作れる区間も、上記のように自宅と学校の最寄駅の間と限定されています。塾やバイト先の最寄駅との間では作れません。この区間で定期券を買いたいなら「通勤」になります。

※自宅~学校の区間内に、塾やバイト先がある場合は、通学定期が使えます。

JRや京都・神戸の市営地下鉄の通学定期券には、大学生用(専門学校を含む)、高校生用、中学生用、小学生用の区別があります。

定期券の買い方

定期券の買い方

買える場所

定期券は、鉄道会社の定期券発売所で買います。会社によっては主な駅に、自動発行機を設置しているところもあります。

買えるタイミング

使い始めたい日の14日前から買えます。

今使っている定期券を「継続」する場合は、次の期間が始まる14日前から買えます。

例えば、3月31日まで有効な定期券の場合、4月1日からの定期券を14日前の3月18日から購入可能です。

購入の手続き

定期券を買う際の手続きは、購入申込書に、利用する区間、使用開始日、有効期間(1ヶ月、3ヶ月、6ヶ月)、そして名前や年齢、連絡先などを記入して、窓口に提出するだけです(自動発行機の場合は入力)。

身分証明書は必要ありませんが、個人情報を偽って購入することは禁止となっています。実際問題として、落としたときなどに連絡がもらえたり、再発行の手続きもスムーズに済むので、正確に申告した方がいいです。

通学定期券の場合は、学校が発行した「学生証」「通学証明書」の提示が必要です。

※定期券の購入申込書は、発売所に備え付けてあります。公式サイトからダウンロードできる会社もあります。

※鉄道会社によっては、予約受け付けを実施しています(ネット、電話)。窓口や券売機での手間が省けます。

IC定期券の期限が切れたあとは、次のどちらかの取り扱いになります。

  • 一旦使えなくする
  • ICカードとしてそのまま使う

これは、定期券を買うときに選べます(使用中に変更もできます)。

※ICカードとして使う場合、記名式のままなので本人以外は使えません(再発行メリットはそのまま)。無記名式への変更も可能です(再発行できなくなります)。

定期代の支払い

定期代の支払い方法は、現金かクレジットカードです。PiTaPa定期はPiTaPaで支払えます。

ただ、クレジットカードが使えない鉄道会社が意外にあります。定期代はまとまった額ですので、事前確認している方が無難です。

【参考】関西でクレカが使えない主な鉄道会社(順不同)

  • 京阪電車の大津線(京阪線は使えます)。
  • 山陽電車
  • 神戸電鉄
  • 叡山電車
  • 嵐電
  • 泉北高速
  • ポートライナー・六甲ライナー

また、近鉄電車では「KIPSカード」という自社のクレジットカードしか使えません。

定期券はどれくらい安い?割引率は?

定期券はどれくらい安い?割引率は?

定期券は、普通の切符を毎回買うのと比べて、どのくらい割引になっているでしょうか。

この件は、一口には言えません。

実は、鉄道会社によって、みごとにバラバラなんです。しかも、同じ鉄道会社のなかで、区間やその距離によってバラツキがあります。

関西各社の主な線区で調べたところ、大まかにはこんな傾向がみられました。

  • JRは割引率が全体的に私鉄に比べて高いです。
  • 会社の規模と割引率は関係ないです。大手の会社が必ずしも高いとは限りません。
  • 私鉄の割引率は、距離による差が大きいです。利用客が多い?区間は低めにしてる印象です。
  • 地下鉄の割引率は低めです。

参考のために、「通勤」定期券の距離で区切った割引率の一例を挙げました。

ちなみに、「距離」は鉄道会社が運賃設定のために決めた営業用のものです(営業キロ程)。実測のものではありません。

※この記事の「割引率」は、「定期代」を「普通運賃の往復×日数」で割って算出したものです。1ヶ月の日数は30日、3ヶ月は90日、6ヶ月は180日としています。

【例1】JR西日本の通勤定期券割引率(大阪電車特定区間

距離(普通運賃) 1ヶ月 3ヶ月 6ヶ月
1キロ(140円) 49.2% 51.7% 59.4%
25キロ(400円) 50.5% 53.0% 60.4%
50キロ(810円) 52.8% 55.2% 59.8%
75キロ(1,270円) 55.9% 58.1% 60.2%
100キロ(1,610円) 53.5% 55.8% 60.1%

【例2】阪急電車の通勤定期券割引率

距離(普通運賃) 1ヶ月 3ヶ月 6ヶ月
1キロ(160円) 56.7% 58.8% 61.0%
24キロ(280円) 31.3% 34.7% 38.2%
33キロ(320円) 31.9% 35.3% 38.7%
48キロ(400円) 34.2% 37.5% 40.8%
76キロ(630円) 48.4% 50.9% 53.5%

【例3】近鉄電車の通勤定期券割引率

距離(普通運賃) 1ヶ月 3ヶ月 6ヶ月
1キロ(160円) 52.2% 54.5% 57.0%
25キロ(450円) 36.0% 39.2% 42.4%
50キロ(770円) 52.4% 54.8% 57.2%
75キロ(1,090円) 63.4% 65.3% 67.1%
100キロ(1,410円) 69.5% 71.0% 72.6%

【例4】大阪地下鉄(メトロ)の通勤定期券割引率

区間(普通運賃) 1ヶ月 3カ月 6ヶ月
1区(180円) 30.1% 33.6% 37.1%
2区(230円) 34.1% 37.3% 40.7%
3区(280円) 36.6% 39.8% 42.9%
4区(330円) 42.2% 45.1% 48.0%
5区(380円) 45.7% 48.4% 51.1%

このように、通勤定期券の割引率は30~50%が中心。例に挙げた鉄道会社以外でも同じ傾向です。

ちなみに、通学定期券の割引率は出血レベル。60%~80%が中心です。なかには90%前後も安くなっている区間もあります。

【例1】JR西日本の通学定期券(大学生)割引率(大阪電車特定区間)

距離(普通運賃) 1ヶ月 3ヶ月 6ヶ月
1キロ(140円) 70.5% 71.8% 73.3%
25キロ(400円) 67.4% 68.9% 70.6%
50キロ(810円) 76.6% 77.8% 78.9%
75キロ(1,270円) 77.9% 79.0% 80.1%
100キロ(1,610円) 76.8% 77.9% 79.1%

【例2】阪急電車の通学定期券割引率

距離(普通運賃) 1ヶ月 3ヶ月 6ヶ月
1キロ(160円) 85.5% 86.2% 87.0%
24キロ(280円) 75.4% 76.6% 77.9%
33キロ(320円) 76.1% 77.3% 78.5%
48キロ(400円) 78.0% 79.1% 80.2%
76キロ(630円) 84.0% 84.8% 85.6%

【例3】近鉄電車の通学定期券割引率

距離(普通運賃) 1ヶ月 3ヶ月 6ヶ月
1キロ(160円) 82.3% 83.2% 84.1%
25キロ(450円) 81.1% 82.0% 83.0%
50キロ(770円) 88.1% 88.6% 89.2%
75キロ(1,090円) 90.8% 91.3% 91.7%
100キロ(1,410円) 92.3% 92.7% 93.1%

【例4】大阪地下鉄(メトロ)の通学定期券(大学生)割引率

区間(普通運賃) 1ヶ月 3カ月 6ヶ月
1区(180円) 68.2% 69.8% 71.4%
2区(230円) 69.6% 71.1% 72.6%
3区(280円) 71.0% 72.4% 73.8%
4区(330円) 74.8% 76.1% 77.4%
5区(380円) 76.3% 77.5% 78.6%

会社ごとにばらつきはありますが、定期券は割引の良い切符であることは確かです。

でも、これが得か損かはあなたの使い方次第。月にどのくらい利用するかによってきます。




定期券は何日使えばでトク?(損益分岐点)

定期券は何日使えば得?

定期券を買うにあたっての悩みどころは、損か得か?

つまり、何回(何日)乗ったら元が取れるということです。難しい言葉では「損益分岐点」。

これは、先に触れたように、割引率が鉄道会社や区間で違うため、ひとくくりにして、ズバリ○回とか○日とは言えません。

割引率が高いほど、少ない回数・日数で元が取れます。

あなたが買おうとする定期券について知りたいときは、その区間ごとに、計算して調べる必要があります。

計算方法は超簡単です。

元が取れる日数(損益分岐点) = 定期代 ÷ 往復の普通運賃

例えば、大阪地下鉄(メトロ)の「梅田駅~難波駅」の1ヶ月定期の場合は、こうなります。

通勤定期 通学定期
普通運賃 230円(往復460円) 230円(往復460円)
1ヶ月定期代 9,100円 4,200円
損益分岐点 19.8日 9.1日

通勤1ヶ月定期券は月に20日以上、往復で乗るなら元が取れてお得ということになります。

仕事が週休2日で月に22~23日の出勤でしたら得。ただ、祝日や休暇、出張などがあると損になりやすいです。

定期券の損得をみるときは、定期区間が「乗り放題(乗り降り自由)」であるメリットや、外回り営業やプライベートなど通勤以外での使用も含めるようにしましょう。

また、定期券の区間外へ出かける場合も、定期券で乗り越しすれば、その分の運賃で済みます。

今、あなたが定期券を使っている場合も、一度計算してみることをおすすめします。これまで得していたと思っていたけど、実は損だったという重大事実に気付けるかも。交通費や家計を見直す際はぜひに。

割引率が低めの地下鉄、特に京都市営地下鉄は要注意です。

【参考】大阪地下鉄は定期券よりPiTaPa「マイスタイル」の方が得。

一方、通学定期券は、10日で元がとれるので、夏休みや冬休みなど長期休暇がからまなければ、文句なしにお得です。

どの会社も破格の割引率なので、学生さんは使わないと損です。

定期券は何日使うと得か?損益分岐点

ここで、関西の主な線区の損益分岐点をみてみました。参考までに。

1ヶ月定期券の元が取れる日数

会社 利用区間
(普通運賃・片道大人)
通勤1ヶ月
割引率
元が取れる日数
通勤(通学)
JR西日本 大阪駅~京都駅(570円) 50.8% 15日(7日)
大阪駅~三田駅(770円) 52.8% 15日(7日)
大阪駅~姫路駅(1,520円) 56.3% 14日(7日)
近鉄電車 大阪難波駅~奈良駅(570円) 41.6% 18日(5日)
大阪阿部野橋駅~古市駅(410円) 40.7% 18日(7日)
南海電車 難波駅~岸和田駅(500円) 36.3% 20日(6日)
難波駅~河内長野駅(570円) 41.6% 18日(6日)
京阪電車 淀屋橋駅~枚方市駅(340円) 35.2% 20日(6日)
阪急電車 大阪梅田駅~西宮北口駅(270円) 39.7% 19日(7日)
大阪梅田駅~大宮駅(400円) 35.5% 20日(7日)
阪神電車 大阪難波駅~神戸三宮駅(410円) 33.0% 21日(8日)
山陽電車 高砂駅~明石駅(570円) 43.2% 18日(7日)
神戸電鉄 神戸三宮駅~鈴蘭台駅(470円) 33.3% 20日(11日)
能勢電鉄 日生中央駅~大阪梅田駅(590円) 37.4% 19日(10日)
泉北高速 和泉中央駅~難波駅(570円) 23.7% 23日(10日)
北大阪急行 千里中央駅~梅田駅(370円) 34.6% 20日(10日)
京都市営地下鉄 京都駅~北大路駅(260円) 29.5% 22日(16日)
神戸市営地下鉄 三宮駅~西神中央駅(410円) 35.3% 20日(12日)
ポートライナー 三宮駅~医療センター前駅(250円) 35.7% 20日(10日)
大阪モノレール 千里中央駅~柴原阪大前駅(250円) 34.8% 20日(10日)
叡山電車 出町柳駅~宝ヶ池駅(270円) 50.3% 15日(10日)
嵐電 全線(220円) 43.2% 17日(10日)
水間鉄道 貝塚駅~水間観音駅(300円) 40.0% 18日(11日)

この例をみても、元が取れる日数は会社、区間でバラバラです。

ただ、目安として最低、次の日数ぐらい往復で乗るようでしたら、定期券を検討してみるといいと思います。

  • JR西日本は、1ヶ月15日
  • 私鉄は、1ヶ月18~20日
  • 地下鉄は、1ヶ月は20日

そして、あなたが実際に利用する区間の定期代を、各社の公式サイトや駅などで確認して、正確な”損益分岐点”を計算してみてください。(関西の鉄道会社のリンク先は記事の最後にまとめています)

1ヶ月定期で損でも、3ヶ月定期や6ヶ月定期なら得ということは普通にありますので、あわせて検討をおすすめします。

どこの鉄道会社でも、「通勤」「通学」にかかわらず、1ヶ月より3ヶ月、6ヶ月と有効期間が長いものほど割安設定になっているからです。

つまり、定期券を買うなら、6ヶ月定期が一番割安。

割引率の傾向は、関西の鉄道で調べたところ、こんな感じです。

  • 1ヶ月定期×3回 >3ヶ月定期(5%割引)
  • 1ヶ月定期×6回 >6ヶ月定期(10%割引 ※JRは約10~20%)
  • 3ヶ月定期×2回 >6ヶ月定期(6%割引 ※神戸新交通は約12%)

パッと見の割引率は、とりたてて高くないですが、定期代はまとまった金額なので、節約のインパクトはあります。

特に6ヶ月定期は、一時的な出費が大きいですが、無理して買う値打ちはあります。JRだと区間によっては1ヶ月定期6回分より2割近くも安く、実質1ヶ月分がタダになります。

このほか、定期券をなるべくお得に買うために、知っておきたいポイントをまとめました。こちらの記事もよかったらご覧ください。

実際のところ、あなたにとって定期券が得かどうかは、面倒でも、定期代を調べて”損益分岐点”を計算してみてください。定期券が損なら、回数券など別の手段を検討しましょう。
まあちん
まあちん

【主な関西の鉄道】定期代検索リンク集 

JR西日本 近鉄 南海
京阪 阪急 阪神
山陽 神鉄 能勢
大阪モノレール 北大阪急行 ポート/六甲ライナー
大阪メトロ 京都市営地下鉄 神戸市営地下鉄



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク