大阪、京都から泊りがけの奈良観光におすすめ!近鉄のお得な切符2選!

奈良は見どころがたくさんあって、日帰りでは時間が足りなく感じることも多いので、1泊、あるいは2泊と泊りがけでじっくり見てまわる旅もいいものですよ。

もし、大阪と京都から泊りがけで出かけるのなら「奈良世界遺産フリーきっぷ」という近鉄の切符が便利でお得なのでおすすめです。

「奈良世界遺産フリーきっぷ」ってどんな切符?

「奈良世界遺産フリーきっぷ」は、奈良県内指定区間の近鉄とバスの乗り放題とその区間までの大阪/京都から往復の乗車券がセットになった割引切符です。

泊りがけで行く奈良観光には、「奈良世界遺産フリーきっぷ」の種類のうち下記の2種類が最適です。

  • 奈良、西の京、法隆寺(斑鳩)を巡る⇒「奈良・斑鳩2日コース」
  • 飛鳥、吉野、室生寺へも足を延ばす⇒「奈良・斑鳩・吉野コース」

有効区間

奈良世界遺産フリーきっぷの「奈良、斑鳩2日コース」「奈良・斑鳩・吉野コース」それぞれの有効区間は次の通りです。

奈良・斑鳩2日コース(黄色枠以外の区間)

  • 大阪難波駅~鶴橋駅から学園前駅まで、近鉄京都駅から平城駅までの往復(途中下車できません)。
  • 近鉄電車の学園前駅~近鉄奈良駅、平城駅~筒井駅の間が乗り放題(乗り降り自由)。
  • 奈良交通バスの奈良・西の京、斑鳩(法隆寺)地区の路線が乗り放題(乗り降り自由)。

奈良・斑鳩・吉野コース(黄色枠を含んだ区間)

  • 大阪難波駅~鶴橋駅から学園前駅まで、近鉄京都駅から平城駅までの往復(途中下車できません)。
  • 近鉄電車の学園前駅~近鉄奈良駅、平城駅~橿原神宮前駅、平端駅~天理駅、大和八木駅~室生口大野駅、当麻寺駅~吉野駅、尺土駅~膳所駅の間が乗り放題(乗り降り自由)。
  • 奈良交通バスの奈良・西の京、斑鳩(法隆寺)、飛鳥、室生寺地区の路線が乗り放題(乗り降り自由)。

値段と有効期間

「奈良世界遺産フリーきっぷ」の値段と有効期間は次の通りです。

奈良・斑鳩2日コース 奈良・斑鳩・吉野コース
出発駅 難波~鶴橋/京都 難波~鶴橋・阿部野橋/京都
大人 2,000円 3,000円
子供 1,000円 1,500円
有効期間 連続した2日間 連続した3日間

有効期間が2日、3日あるので、1泊2日、2泊3日の泊りがけの旅行に最適な切符になっています。

「奈良世界遺産フリーきっぷ」は出発駅が限定されています。出発駅以外でも乗車できますが、路線によっては別に運賃が必要になります。

※ちなみに「奈良世界遺産フリーきっぷ 奈良・斑鳩コース」の「1日コース」は、1,500円となっています。有効区間などは同じです。日帰りの場合は「奈良・斑鳩1dayチケット」というお得な切符もあります。

「奈良世界遺産フリーきっぷ」はやっぱりお得

「奈良世界遺産フリーきっぷ」は、奈良、斑鳩(法隆寺)、飛鳥、吉野を見てまわるには、結論としてはお得になります。

【参考】近鉄の主な区間の普通運賃(片道

大阪難波~奈良 560円
京都~奈良 620円
大阪難波~吉野 1,040円
大阪難波~橿原神宮前 690円
大阪阿部野橋~吉野 970円
大阪阿部野橋~橿原神宮前 620円
京都~吉野 1,230円
京都~橿原神宮前 880円

大阪(難波)から近鉄奈良駅まで往復だけで1,120円かかります。京都だと1,240円です。現地で数回バスを利用すると、元はすぐに取れます。ちなみにバスは距離制の運賃で初乗りは奈良地区で210円です。

「奈良世界遺産フリーきっぷ」では、目的地の近鉄最寄駅から、奈良交通の路線バスで移動するかたちになります。

【参考】バスの主な区間の普通運賃(片道)と乗り放題乗車券

近鉄奈良駅~東大寺・春日大社 210円
近鉄奈良駅~薬師寺・唐招提寺 260円
近鉄奈良駅~平城宮跡 240円
近鉄奈良駅~法隆寺 760円
筒井駅~法隆寺 300円
桜井駅~三輪明神 190円
桜井駅~談山神社 490円
橿原神宮前駅~石舞台 370円
室生口大野駅~室生寺 430円
壺阪山駅~壺阪寺 320円
奈良公園・西の京1デイパス 500円
奈良公園・西の京・法隆寺1デイパス 1,000円
奈良・大和路2デイパス 1,500円

奈良世界遺産フリーきっぷ「奈良・斑鳩2日コース」のバス乗り放題区間は、奈良交通の乗り放題切符「奈良公園・西の京・法隆寺1デイパス」(1,000円)と、「奈良・斑鳩・吉野コース」では「奈良・大和路2デイパス」(1,500円)と全く同じになります。

「奈良公園・西の京・法隆寺1デイパス」は1日券なので、単純に2日分買ったとすると、これだけで「奈良・斑鳩2日コース(2,000円)」の元がとれます。電車代はタダです。

また、「奈良・大和路2デイパス」は2日券なので、「奈良・斑鳩・吉野コース」との差額(1,500円)は、大阪・京都からの往復と乗り放題区間の電車代ということになります。仮に橿原神宮前駅までだと、大阪難波からは往復1,380円、京都から1,760円なので、これだけで(ほぼ)元がとれます。

しかも「奈良世界遺産フリーきっぷ」は、 バスの乗り放題区間では近鉄電車も乗り放題(乗り降り自由)なので、お得で便利な切符です。旅行中に切符を買ったり、運賃を気にする煩わしさがないメリットも大きいです。

拝観料などの割引特典つき!

「奈良世界遺産フリーきっぷ」には、提携の社寺や観光施設などで料金の割引が受けられる優待特典がついています。

優待が受けられる主な場所

  • 春日大社(国宝殿、萬葉植物園)
  • 元興寺
  • 大安寺
  • 大和文華館
  • 安倍文珠院
  • 飛鳥資料館
  • 万葉文化館
  • 岡寺
  • 橘寺
  • 壷阪寺
  • 長谷寺
  • 室生寺
  • 談山神社
  • 金峯山寺蔵王堂
  • 吉水神社
  • 竹林院
  • 如意輪寺
  • ナコーレンタサイクル など

緑字は「奈良・斑鳩・吉野コース」のみの特典です。

「奈良世界遺産フリーきっぷ」の発売期間と購入方法

発売期間

「奈良世界遺産フリーきっぷ」は1年を通じて発売されています。

購入できる場所

「奈良世界遺産フリーきっぷ」は、近鉄電車の下表の駅などで買えます。乗車日(利用日)の1ヶ月前から購入できます。

このほか、旅行会社のJTB、日本旅行、近畿日本ツーリストの営業所でも買えます。ただし、旅行会社で購入すると「旅行取扱料金」(手数料)をとられます(1,000円程度)ので、なるべくなら近鉄の駅で購入した方がいいです。

※買うときには、乗車日を指定する必要があります。出発当日でも買えます。

「奈良世界遺産フリーきっぷ」の最新情報

「奈良世界遺産フリーきっぷ」の発売や最新情報については、近鉄の公式サイトで確認ください。

せっかく奈良まで行くなら、1泊や2泊、泊りがけで出かけて、斑鳩や飛鳥、吉野の方まで足を延ばしてじっくり、ゆっくりと巡ってみるのもいいですよ。

その際は「奈良世界遺産フリーきっぷ」を検討してみてください。交通費を安く抑えた分は、宿泊や食事などに回して、奈良の旅をより有意義に楽しみましょう。