.

京阪神から能勢妙見山へは「フリーパス」で激安4割引【必見!】

「妙見の森フリーパス」の内容、値段、発売期間、購入方法

お悩み中
お悩み中
能勢の妙見山へ電車で出かけたいけど、なるべく交通費を節約したい。良い方法や格安切符があれば知りたい。

こんなお悩みにお答えします。

【この記事の内容】

  • 「妙見の森フリーパス」という切符を紹介します(内容、値段、発売期間、購入方法)。

妙見山など能勢の方面へ行楽や参拝に、電車を利用して、交通費をできるだけ安く出かけたい…というあなたは、まずは「妙見の森フリーパス」という切符をチェックしてみてください。

これは、京都、大阪、神戸、宝塚から能勢・妙見山へアクセスする、電車やケーブルカー、リフトが乗り放題の1日乗車券です。

普通に往復するよりも4割も安くて、京阪神から妙見山へは最安です。

ここでは、「妙見の森フリーパス」の内容と値段、発売期間、購入方法をまとめました。【2021年版】

この記事で、「妙見の森フリーパス」のことをひと通り知ることができます。電車で行くなら、使わないと損だと思うはず。
まあちん
まあちん

能勢妙見山とは?

大阪の能勢にある妙見山は、標高は610mとそれほど高くありません。

その山の上に、長い歴史がある北極星を祀る日蓮宗の霊場があります。鳥居が建てられているのですが、実際はお寺です。

そのお寺までは、麓から登山道やケーブルカー&リフトが整備されています。

参拝の外にも、気軽にハイキング、バーベキューなどレジャーが楽しめるところになっています。


⇒妙見山公式サイト

「妙見の森フリーパス」ってどんな切符?

京阪神~妙見山の上まで1日乗り放題!

「妙見の森フリーパス」は、京都、大阪、神戸、宝塚方面から妙見山までの電車、ケーブルカー、リフトがセットになった1日乗車券です。

沿線で自由に乗り降りできますので(乗り放題)、単に行って帰るだけではない、いろんな使い方ができます。

「妙見の森フリーパス」は、出発地によって次の3種類が用意されています。

  • 「能勢版」:能勢電鉄の沿線から
  • 「阪急版」:京都、大阪、神戸、宝塚方面の阪急電車の沿線から
  • 「大阪モノレール版」:吹田、茨木、門真方面の大阪モノレールの沿線から

それぞれの利用できる範囲はこちら。

【利用できる範囲(1日乗り放題)】

能勢「妙見の森フリーパス」の乗り放題区間

能勢版
  • 能勢電鉄の全線
  • 妙見の森ケーブル&リフト
阪急版
  • 阪急電車の全線
  • 能勢電鉄の全線
  • 妙見の森ケーブル&リフト
大阪モノレール版
  • 大阪モノレールの全線
  • 阪急電車の全線
  • 能勢電鉄の全線
  • 妙見の森ケーブル&リフト

「阪急版」「大阪モノレール版」は、阪急電車の全線も乗り放題ですので、能勢や妙見山のついでに、梅田や京都、神戸などへも足をのばせます。

「妙見の森フリーパス」には「妙見駅」~妙見ケーブル「黒川駅」の路線バスは含まれていません。利用には通常の運賃が別に必要です(片道大人170円)。ちなみに、この間は歩けます(20分程度)。

妙見山へのアクセス方法、電車の最寄駅

能勢妙見山へ電車でアクセスする方法

妙見山へのアクセスは、電車の場合、能勢電鉄の「妙見口駅」が最寄駅になります。

能勢電鉄は阪急電車の「川西能勢口駅」から出ています。「妙見口駅」までは約30分、「大阪梅田駅」からは1時間弱で到着します。

「妙見口駅」からは、ケーブルカー、リフトを乗り継いで、妙見山の山頂に向かえます。

能勢「妙見の森フリーパス」でのアクセス方法・行き方

  • 「妙見ケーブル」(黒川駅~山上駅、0.6㎞、約5分)
  • 「妙見リフト」(ふれあい広場~妙見山、0.6㎞ 約10分

妙見山の御守り授与など優待特典も!

「妙見の森フリーパス」には、特典として妙見山をはじめ、能勢電鉄の沿線で提携している施設や社寺、飲食店などで、料金の割引などの優待が受けられるクーポン券が付いています。

【主な優待先】

  • 能勢妙見山(開運御守り札授与)
  • 妙見の森バーベキューテラス(バーベキューセット100円引き)
  • 妙見の森山上の足湯(入浴無料)
  • 川西市郷土館(入館割引)【山下駅下車】
  • 多田神社(御守り授与)【多田駅下車】
  • 美健SPA湯櫻(温泉入浴料割引)【絹延橋駅下車】 など

※詳細は公式サイトで確認ください(下方にリンクがあります)

「妙見の森フリーパス」の値段は?

「妙見の森フリーパス」の値段は表のとおりです。乗車駅に関係なく金額は一律です。

大人用のみの発売になっています。

能勢版 1,200円
阪急版 1,600円
大阪モノレール版 2,000円

「妙見の森フリーパス」を使った場合に、使わない通常よりもどれくらいお得になるのかをみてみましょう。

川西能勢口駅からでも46%もお得

能勢電鉄「妙見の森フリーパス」の内容、値段、発売期間、購入方法

まず、妙見山へ行く場合に利用する能勢電鉄(川西能勢口駅~妙見口駅)、ケーブルカー、リフトの通常運賃は、それぞれこのようになっています。

交通機関 片道 往復
能勢電鉄(川西能勢口~妙見口) 330円 660円
妙見の森ケーブル(黒川~ケーブル山上) 400円 800円
妙見の森リフト(ふれあい広場~妙見山) 400円 800円
合 計 1,130円 2,260円

全部利用したとすると、川西能勢口駅~妙見山まで往復するだけで2,260円。ケーブルカーとリフトの運賃が高いので、意外とかかります。

この区間は、ちょうど「妙見の森フリーパス」(能勢版)がカバーしているので、これを使うと、1,200円で済みます。47%もお得。

ケーブルカーやリフトを片道だけ利用しても、まだ安いです。

「妙見の森フリーパス」は乗り放題ですので、能勢電鉄の沿線で乗り降りすれば、さらにお得さが増します。

JR沿線からは「川西能勢口駅」で「能勢版」を買う選択もアリ。

JR沿線から妙見山へ出かける際、途中の阪急駅で「妙見の森フリーパス」が買えなければ、「川西池田駅」まで行って、「川西能勢口駅」で「能勢版」を買うといいです。

※JR宝塚線「川西池田駅」と阪急・能勢電鉄「川西能勢口駅」は徒歩5分弱の距離です(すぐ近く)。

※「妙見の森フリーパス」は川西能勢口駅の「ごあんないカウンター」で買えます。

阪急・モノレール沿線からは約4割引き

阪急電車や大阪モノレールの沿線からも「妙見の森フリーパス」は激安、お得です。

主な駅からの運賃(往復)と「妙見の森フリーパス」の値段を比べてみました。

発着駅 阪急 モノレール 川西~妙見 通常合計 妙見の森パス
大阪梅田 540円 2,260円 2,800円 1,600円 42%割引
神戸三宮 640円 2,260円 2,900円 1,600円 45%割引
京都河原町 1,060円 2,260円 3,320円 1,600円 52%割引
宝塚 380円 2,260円 2,640円 1,600円 39%割引
千里中央 380円 580円 2,260円 3,220円 2,000円 38%割引
万博公園 380円 760円 2,260円 3,400円 2,000円 45%割引
門真市 380円 1,000円 2,260円 3,640円 2,000円 44%割引

※「阪急」は発着駅~川西能勢口駅の往復普通運賃
※「モノレール」は発着駅~蛍池駅の往復普通運賃
※「川西~妙見」は川西能勢口駅~妙見リフトの往復運賃の合計

全ての交通機関を往復利用した場合ですが、「妙見の森フリーパス」を使うと、だいたい40%以上の割引です。

繰り返しになりますが、実際は乗り放題できますので、沿線で乗り降りを繰り返せば繰り返すほどお得になります。

ただし、乗車駅から妙見口駅まで単純往復するだけで、ケーブルカーやリフトを全く利用しない場合(登山目的など)、「妙見の森フリーパス」は、一部の駅を除いて、基本的に損です。




「妙見の森フリーパス」の発売期間と有効期間は?

発売期間(買える期間)

「妙見の森フリーパス」は、冬場を除いた期間限定の発売となっています。

2021年(令和3年)3月20日~12月5日

有効期間(使える期間)

2021年(令和3年)3月20日~12月5日のうちの好きな1日

※利用当日は始発から終発まで乗り放題できます。

「妙見の森フリーパス」はどこで買える?(購入方法)

「妙見の森フリーパス」は下記の場所で、出かける当日に買えます。また、事前に購入しておくこともできます。

能勢版
  • 川西能勢口駅ごあんないカウンター
  • 能勢電車平野駅・山下駅各助役室
  • 平野駅コンビニ「リズミン」
  • ヤマザキショップ川西岡阪急電車前店
【阪急版】
  • 阪急電車ごあんないカウンター(大阪梅田・十三・塚口・西宮北口・夙川・神戸三宮・豊中・石橋阪大前・川西能勢口・宝塚・淡路・茨木市・高槻市・桂・京都河原町・北千里)
  • 阪急ツーリストセンター大阪・梅田
  • 阪急京都観光案内所・河原町
大阪モノレール
【大阪モノレール版】
  • 大阪モノレールの各駅

※買ったあとで使わなくなった場合は、有効期間内で全て未使用でしたら、発売場所で払い戻ししてもらえます(要手数料)。

「妙見の森フリーパス」公式サイト

「妙見の森フリーパス」の最新情報や妙見山の案内は、能勢電鉄の公式サイトで確認ください。

能勢電鉄公式サイト

北極星の神様をまつる妙見山。北極星は動かない目標となる星なので、運命を切り開いて人生を正しい方向に導いてくれるというご利益があるのだとか。

参拝だけでも訪れる値打ちはありそう。

電車で出かけるときは「妙見の森フリーパス」の購入を忘れずに。



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク