.

JRの回数券が9回分の値段で買える特定区間一覧とおトクな使い方!

JR西日本の回数券が9回分の値段で買える特定区間一覧

お悩み中
お悩み中
関西のJRで、11回分の回数券が9回分の値段で買える区間があるって聞いたんやけど、どこか知りたい。あと、買い方も。

こんな疑問にお答えします。

【この記事の内容】

  • JR西日本の回数券「特定区間」とは?
  • 回数券の「特定区間」一覧
  • 「特定区間」回数券のお得な使い方。

普段、JRに乗るのに、回数券を使っている人は多いと思います。

回数券は、手っ取り早い電車代の節約方法で、僕も愛用しています。

JRの回数券は、新幹線や特急用を別にすると、10回分の運賃で11回乗れる「普通回数券」というものです。

1回分がタダになるので、値段に関係なく、お得感があります。

でも、関西の一部には、同じ普通回数券ですが、2回分がタダになる、つまり、9回分の運賃で11回乗れるという「特定区間」が存在するんです!

例えば、「大阪駅~京都駅」は、その「特定区間」になっています。

この区間の運賃は570円です。回数券の値段は、11回分で10回分の5,700円と思いきや、実際は9回分の5,130円で発売されています。

こうしたJRの普通回数券「特定区間」は、地元の人以外にはほとんど知られていません。”知る人ぞ知る”っという感じです。

JRでも積極的に案内していないので、ここでは「特定区間」の回数券について、買い方や対象の区間、お得な使い方を紹介していきます。

特定区間に関係ない人も、その回数券を組み合わせて、JR代を節約することができますよ。
まあちん
まあちん




関西JR「特定区間」の回数券とは?

JR回数券の買い方

JR西日本の回数券は、10回分の片道運賃で11回乗れるというものです。それが、関西の「特定区間」(後述します)では、9回分で発売されています。

【普通回数券(11回分)】の値段・割引率

区間 値段(発売額) 割引率
一般 片道の普通運賃×10回分(1回分タダ) 9.1%
特定 片道の普通運賃×9回分(2回分タダ) 18.3%

このように、「特定区間」の回数券は、割引率18%とめちゃ得です。1回分違えば、だいぶ違うもんですね。

ちなみに、お得な回数券として、多くの私鉄や地下鉄で発売されている「時差回数券」(利用時間を平日10時~16時と土休日の終日に限定)の割引率は16.7%です。

JR「特定区間」の普通回数券は、買い方も使い方も、一般のものと全く同じです。

買うときは普通に駅の窓口や券売機で。買おうとする回数券の区間が「特定区間」なら、自動的に9回分の値段で請求されます。

「特定区間」のことを知らないで買うと、思ったより値段が安くて、「?」と戸惑うかもしれません。

ここで、JRに普通回数券の買い方や使い方など基本的なことについて、確認しておきましょう。

【JR西日本の普通回数券】基本情報

形態
  • 切符タイプで、11枚バラバラになっています。紛失に注意が必要です。
方式
  • 「A駅~B駅」という区間式です。「○○円区間」という金額式ではありません。
  • 「A駅~B駅」の外に乗り越すと、範囲外の分の運賃がかかります。通し運賃との差額ではありません。
買い方
(購入方法)
  • JR駅の「みどりの窓口」や券売機で買えます。
  • 窓口や一部の券売機ではクレジットカードで支払えます。
  • 「A駅-B駅」間の回数券は、両端のA駅かB駅でしか買えません。
使い方
  • 使える時間帯や曜日に制約はありません。いつでも使えます。
  • 区間の途中で下車(改札から駅の外へ出ること)できません。下車すると先の区間は無効になります。
  • 大人の回数券1枚で、子供2人まで利用できます。
有効期間
  • 購入日から3か月間です。
払い戻し
  • 残った未使用の回数券は有効期間内であれば払い戻しできます。ただし手数料がかかります。
払い戻し額(返金額)=回数券発売額-(使用済み枚数×普通運賃)-手数料220円

そもそも回数券ってどんなものかを、よく分かっていないというあなたは、こちらの記事を参考ください。

普通回数券の「特定区間」ってどこ?(全79区間一覧)

JR関西地区、普通回数券の「特定区間」一覧

次に、JRの回数券が得な「特定区間」がどこなのか、ということですが、京阪神地区のJR京都線、JR神戸線、JR東西線の79区間となっています。

京都~大阪 京都~新大阪 京都~東淀川 京都~吹田
京都~岸辺 京都~千里丘 西大路~大阪 西大路~新大阪
西大路~東淀川 西大路~吹田 西大路~岸辺 桂川~大阪
桂川~新大阪 桂川~東淀川 向日町~大阪 向日町~新大阪
向日町~東淀川 長岡京~大阪 大阪~神戸 大阪~元町
大阪~三ノ宮 大阪~灘 大阪~摩耶 大阪~六甲道
大阪~住吉 大阪~摂津本山 大阪~甲南山手 塚本~神戸
塚本~元町 塚本~三ノ宮 塚本~灘 塚本~摩耶
塚本~六甲道 塚本~住吉 尼崎~神戸 尼崎~元町
尼崎~三ノ宮 尼崎~灘 立花~神戸 立花~元町
甲子園口~神戸 甲南山手~北新地 甲南山手~新福島 摂津本山~北新地
摂津本山~新福島 摂津本山~海老江 住吉~北新地 住吉~新福島
住吉~海老江 六甲道~北新地 六甲道~新福島 六甲道~海老江
六甲道~御幣島 六甲道~加島 摩耶~北新地 摩耶~新福島
摩耶~海老江 摩耶~御幣島 摩耶~加島 灘~北新地
灘~新福島 灘~海老江 灘~御幣島 灘~加島
三ノ宮~北新地 三ノ宮~新福島 三ノ宮~海老江 三ノ宮~御幣島
三ノ宮~加島 元町~北新地 元町~新福島  元町~海老江
元町~御幣島 元町~加島 神戸~北新地 神戸~新福島
神戸~海老江 神戸~御幣島 神戸~加島

見ての通り、「特定区間」の設定に、法則みたいなものはありません。

私鉄との競合を意識した区間だと言われていますが、そうでもなさそうなところもあって、よくわかりません。

いずれにしても、上記の区間の普通回数券は、片道の普通運賃の9倍の値段で買えます。

【特定区間】回数券(11回分)の値段=普通運賃(片道)×9




「特定区間」回数券のお得な使い方ヒント

以上のように、普通回数券の特定区間は限られています。

あなたが普段利用している区間が、そうだとラッキー。そうでない場合でも、「特定区間」の回数券を併用すれば、メリットを受けられることがあります。

特定区間の回数券と併用するJR代節約術

特定区間ではない普通回数券との合わせ技

目的の駅まで、「特定区間」とそうでない区間の普通回数券を2枚、一緒に使うことで、通しの普通回数券よりも、25%前後安くなります。

回数券を2か所で買う必要がありますが、実際に使うときは、下車する駅で2枚の回数券を一緒に改札機を通すだけなので、手間はありません。

いくつか例を挙げてみました。

ちなみに、街中の金券ショップでは、この方式で回数券をバラ売りしています。

(例1)芦屋駅~京都駅の場合

芦屋駅と京都駅の間は「特定区間」に入っていません。この区間の普通回数券は運賃の10回分の値段になります。

でも、回数券を「芦屋駅~京都駅」の通しではなく、「芦屋駅~大阪駅」と、特定区間の「大阪駅~京都駅」に分けて買うと、全体で普通運賃に対して25%安く、回数券の割引率も15%と高くなります。

区間 普通運賃 普通回数券 1回あたり 割引率
通し 芦屋~京都 1,100円 11,000円 1,000円 9%
分割 芦屋~大阪 310円 3,100円
特)大阪~京都 570円 5,130円
分割合計 880円 8,230円 748円 15%
通し運賃に対する割引 25%

ちなみに、この区間は回数券だけではなく普通運賃も分割することで、通しよりも20%安くなります。このため、普通の切符や定期券でも得になります。

(例2)大津駅~大阪駅の場合

特定区間ではない「大津駅~大阪駅」の回数券を買うときは、通しではなく、「大津駅~京都駅」と特定区間の「大阪駅~京都駅」を分けて買います。

そうすることで、全体で運賃に対して約28%安く、回数券の割引率は16%になります。

区間 普通運賃 普通回数券 1回あたり 割引率
通し 大津~大阪 990円 9,900円 900円 9%
分割 大津~京都 200円 2,000円
特)京都~大阪 570円 5,130円
分割合計 770円 7,130円 648円 16%
通し運賃に対する割引 28%

(例3)垂水駅~大阪駅の場合

特定区間ではない「垂水駅(神戸市西部)~大阪駅」の回数券を買うときも、「垂水駅~大阪駅」と通しではなく、神戸駅を境に「垂水駅~神戸駅」と特定区間の「神戸駅~大阪駅」を分けて買います。

そうすると、運賃に対して約27%も安く、回数券の割引率も15%と高くなります。

区間 普通運賃 普通回数券 1回あたり 割引率
通し 垂水~大阪 810円 8,100円 736円 9%
分割 垂水~神戸 220円 2,200円
特)神戸~大阪 410円 3,690円
分割合計 630円 5,890円 535円 15%
通し運賃に対する割引 27%

※垂水駅の場合は元町駅(片道220円)で分けても同じです。

定期券と併用することも

JR回数券の「特定区間」お得な使い方

いつも通勤や通学に使っている定期券に、「特定区間」の回数券を組み合わせる使い方も、ありです。

例えば「姫路駅~三ノ宮駅」の通勤定期券を持っていて、休みの日に姫路から大阪まで、ちょこちょこ出るような場合、乗り越しする「三ノ宮駅~大阪駅」分の精算を、回数券をあてることができます。

「三ノ宮駅~大阪駅」は「特定区間」なので、回数券の割引率は18%。普通に乗り越し精算すると410円ですが、335円ほどで済みます。

※このような使い方をするときは、あらかじめ回数券を三ノ宮駅か大阪駅で買っておく必要があります。




【参考】回数券よりICOCAやPiTaPaが得な場合も

JRの回数券は、購入した日から3ヶ月間有効ですが、1ヶ月で11枚を使い切るくらい頻繁に「特定区間」を利用する場合、ICOCA(イコカ)やPiTaPa(ピタパ)の割引サービスの方が、節約になることがあります。

JR西日本のICOCA、PiTaPaの割引サービス

JR西日本には、「ICOCAポイントサービス」「PiTaPaポストペイサービス」の「時間帯指定」いう割引のしくみがあります。

これは、対象区間を1か月のうちに4回以上利用すると、4回目の運賃から30%、あるいは50%割引になるというものです。

ただし、平日の10時から17時の間か、土日祝の終日に乗車するという条件があります。

その割引サービスの対象は、京阪神を中心とした下記の路線の、ほぼすべての駅間です。普通回数券の「特定区間」よりもずっと多くて、「特定区間」もカバーしています。

ICOCA・PiTaPa「時間帯指定割引」対象区間

  • JR京都線: 京都駅~大阪駅
  • JR神戸線:大阪駅~元町駅
  • JR宝塚線:北新地駅・尼崎駅~宝塚駅

例えば、「大阪駅~京都駅」や「大阪駅~三ノ宮駅」を、ICOCAやPiTaPaで1ヶ月に11回利用したとすると、割引率は36%にもなります。「特定区間」の回数券の倍です。

あなたの利用する頻度や時間帯が、ICOCAやPiTaPaの「時間帯指定」割引サービスに合うようでしたら、回数券よりも、この方をおすすめします。

なお、割引はICOCAの場合は、翌月に1ポイント=1円として還元されます。PiTaPaでは後日請求の際に反映されます。

【参考記事】

あなたが、よくJRを「特定区間」を利用・通過しているなら、回数券に注目ください。使い方次第で、思う以上の節約になったりしますよ。
まあちん
まあちん



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク