.

神戸~関空の高速船アクセス「ベイシャトル」の乗り方とお得な割引切符まとめ

神戸~関空の高速船アクセス「ベイシャトル」の乗り方と割引切符

神戸から関西空港へ、関西空港から神戸のアクセス手段のひとつに「船」があります。「神戸・関空ベイシャトル」という高速船です。

神戸と関空の間は、車や電車だと大阪湾に沿ってぐるりと大回りしないといけませんが、ベイシャトルは、大阪湾を一直線にショートカットするので、所要時間が約30分と速い点が特徴です。

関空・神戸ベイシャトル

ここでは、神戸・関空ベイシャトルの乗り方やメリット、デメリットと合わせて、安く利用できるお得な割引切符やクーポン券の紹介します。ベイシャトルは正規の運賃で乗ると損ですよ。





「神戸・関空ベイシャトル」の乗り方は?

乗船は予約なしでもOK。でも…

神戸~関空の高速船アクセス「ベイシャトル」の乗り方と割引切符

まず、神戸・関空ベイシャトルは、予約しなくても乗船できます。乗船券うりばに直接行けば大丈夫です。

しかし、混雑時は満席の場合もありますので、できれば、予約しておいた方が無難です。

予約しておくと、天候不良などで欠航になる場合、前もって代替バスの連絡がもらえるというメリットもあります。

予約は、利用日の90日前から出航の1時間前まで、公式サイト(24時間)や電話(9:00~18:00)で簡単にできます。予約の取消料もかかりません。

※予約した便に乗るときは、出発20分前には乗船場に着くようにとベイシャトルでは案内されています。乗船は出航の5分前から始まります。

ベイシャトルの乗船場所ときっぷ売場(関空・神戸)

次に、神戸・関空ベイシャトルの乗船場・下船場についてです。

神戸側は神戸空港の「神戸空港海上アクセスターミナル」、関西空港側は「ポートターミナル(桟橋)」というところになります。

それぞれ、空港のターミナルビルとの間に無料の連絡バスが走っています(後述)。

【神戸側】神戸空港海上アクセスターミナル

  • 神戸空港のターミナルビル・ポートライナー神戸空港駅~乗船場は無料バスで数分です。歩ける距離ですが、5分ほどかかります(見た目より距離があります)。
  • 乗船券売り場は1階にあります(営業時間:5:00~23:00)

【関空側】関西空港ポートターミナル

  • 関空第1ターミナル~乗船場間はバスで約10分
  • 関空第2ターミナル~乗船場間はバスで約10分(直通便の場合)

※空港のターミナルビルから乗船場まで歩いて行けません。必ず連絡バスで移動しないといけません。バス代は無料です(乗船料に含まれています)。
※乗船券は、空港ターミナルビル内のチケット売り場で買います。乗船場で売っていません。連絡バスに乗る前に必ず買ってください。

【関空の乗船券購入場所】

第1ターミナル
  • 第1ターミナル1階の1階「A」出入口の隣り、乗船場ゆきバス乗り場の近く
  • 営業時間:6:00~0:15
第2ターミナル
  • 第2ターミナルの国際線得着近く、「E」扉出入口の隣り
  • 営業時間:6:00~0:15

神戸空港へのアクセスについて(電車&バス)

神戸側の乗船場がある神戸空港へは、市街地から電車やバスで便利にアクセスできます。ちなみに、車の場合は、無料駐車場が用意されています。

◆電車(ポートライナー)でアクセス!

神戸~関空の高速船アクセス「ベイシャトル」の乗り方

電車の場合、三宮駅からポートライナーを利用します。日中で5~8分おきに走っているので便利です

神戸空港行きに乗って約20分で着きます。神戸空港駅は空港ターミナルビルと直結しています。駅からは乗船場へは連絡バスで数分。徒歩で約5分です。バス乗り場は駅の階下になります。

運賃は大人340円、子供170円ですが、後述の「ポートライナーセット券」という割引切符を使うと、実質ポートライナー代が無料になります。

ポートライナー公式サイト

◆路線バスでアクセス!

神戸空港へはバスでもアクセスできます。三宮駅/新神戸駅、神戸駅(南口)から出ています(神姫バス)。三宮駅からは約25分、新神戸駅から約30分、神戸駅から約35分で、運賃は大人330円、子供160円です。

新神戸駅・三宮駅からの便は、ベイシャトルの乗船場(海上アクセスターミナル)まで直通します。ただ、本数が少ないので利用の際は確認してください。

神姫バス公式サイト

ベイシャトルの運賃は?

神戸・関空ベイシャトルの片道の普通運賃(神戸空港⇔関空)はこのようになっています。

大人 1,880円
子供 940円

※連絡バスの運賃も含まれています。

支払いには現金のほか、クレジットカード、ICOCAやPiTaPa、Suicaなど交通系ICカード、楽天エディなど電子マネーが使えます。Tポイントも貯まります。

割引クーポンでさらに安く!ベイシャトルの運賃がさらに割引になるクーポン券が、先着順で配付されている場合があります。乗る前にチェックしてみてください(片道/往復)。
ベイシャトルのお得な「割引クーポン」はこちら。

神戸・関空ベイシャトルに安く乗れる割引切符

神戸・関空ベイシャトルに乗るには上記の運賃がかかりますが、往復利用する場合や、神戸側でポートライナーと乗り継いでアクセスする場合に、安くなる割引切符が発売されています。

行き帰り利用するなら「往復割引」

神戸・関空ベイシャトルを往復で利用するつもりでしたら「往復割引」を使いましょう。日帰り用と30日以内用の2種類があります。

どちらも、神戸、関空の乗船券売り場で買えます。

日帰り往復は33%割引!

送迎や空港見学、日帰り出張など関空へ行って、その日のうちに神戸に帰ってくる場合は、日帰り用の往復割引乗船券「ぷらっと関空日帰り往復チケット」が安いです。

「ぷらっと関空日帰り往復チケット」の値段はこのようになっていて、通常より33%もお得です(2020年3月31日までの発売)。

普通運賃で往復すると 関空日帰りチケット
大人 3,760円 2,510円 33%割引
子供 1,880円 1,260円 33%割引

「ぷらっと関空日帰り往復チケット」は乗船する当日にしか買えません。その日1日が有効となります。

また、「ぷらっと関空日帰り往復チケット」の半券を提示することで、下記施設で割引など優待が受けられる特典が付いています。

  • ホテル日航関西空港」内のレストランで10%割引。
  • りんくうプレミアム・アウトレット」の割引クーポンシートがもらえる。
  • りんくうプレミアム・アウトレット」で5,000円以上購入するとベイシャトル片道乗船招待券がもらえる。

ちなみに、関空から神戸へ日帰りする用の「神戸往復チケット」もあります。値段は同じです。

30日以内の往復は19%割引

関空から30日以内の旅行や出張に出かけるときは、乗船券を往復で購入すると割引が受けられます。表のように通常より19%安くなります。

普通運賃で往復すると 往復割引乗船券
大人 3,760円 3,060円 19%割引
子供 1,880円 1,530円 19%割引

有効期限は往きの乗船日を含む30日以内です。購入の際に帰りの日付を特定する必要はありません。

割引クーポンでさらに安く!上記の運賃(往復・片道)がさらに割引になるクーポン券が配付されている場合があります。チェックしてみてください。

ベイシャトルのお得な「割引クーポン」はこちら。

三宮~神戸空港のアクセス付き「ポートライナーセット券」

神戸・関空ベイシャトルを利用して、三宮と関西空港の間を移動する場合、ベイシャトルの乗船券と電車(ポートライナー)の乗車券がセットなった「ポートライナーセット券」という割引切符があります。片道用(三宮⇒関空、関空⇒三宮)です。

これを使うと、三宮駅~神戸空港間の電車(ポートライナー)代が、なんと実質無料。つまり、ベイシャトルの運賃だけで、三宮から(まで)アクセスできます。

「ポートライナーセット券」の値段はこちら。

ポートライナー ベイシャトル 通常合計 セット券
大人 340円 1,880円 2,220円 1,880円 15%割引
子供 170円 940円 1,110円 940円 15%割引

ポートライナーとベイシャトルの切符を別々に買うより、「ポートライナーセット券」の方が15%も安くなり、値段的には、ポートライナー代が実質無料ということになります。

神戸ではポートライナーの三宮駅、関空では乗船券売り場で買えます。

【参考】神戸三宮~関空のアクセス手段を比べてみました

関空アクセス手段 利用区間 運賃・料金 所要時間
ポートライナーセット券 三宮駅~関西空港 1,880円 約60分
空港リムジンバス 神戸三宮~関西空港 2,000円 約65分
JR普通運賃(大阪経由) 三ノ宮駅~関西空港駅 1,740円 約105分
阪神&JR(西九条経由) 神戸三宮駅~関西空港駅 1,520円 約110分
阪神&南海(難波経由) 神戸三宮駅~関西空港駅 1,150円 約110分
乗合タクシー(MK) 神戸市中央区~関西空港 2,500円 平均90~120分

※所要時間は第1ターミナルまでの時間です。
※「阪神&南海(難波経由)」の運賃は、「関空アクセスきっぷ(阪神版)」使った場合です。

神戸・関空ベイシャトルのメリットとデメリット

ここであらためて、神戸・関空ベイシャトルがどんな船か、そのメリットとデメリットをまとめした。

ベイシャトルのメリット(いいところ)

広い座席で乗船時間は約30分

神戸・関空ベイシャトルには、「そら」(定員110名)「うみ」(定員110名)「かぜ」(定員115名)という3隻の船が就航しています。

神戸~関空の高速船アクセス「ベイシャトル」の乗り方と割引切符

ベイシャトルの一番のおすすめは、空港バスよりも格段に船室や座席が広く、ゆったりできる点です。

トイレや自動販売機もありますので、気持ち的にも楽です。乗船している時間は約30分でバスの約半分。長時間のバスが苦手な人には向いています。

また、船酔いが心配という人もいると思いますが、停泊中や出発直後、到着間近の低速航行中は揺れますが、高速になると思いのほか揺れは少ないです。

※揺れが予想される場合は、公式サイトの運航状況や乗船券売場に表示されます。

早朝便、深夜便も運航

神戸・関空ベイシャトルは、神戸空港発5:30~22:45、関空発6:30~0:00と早朝、深夜を含めた時間帯に運航しています。LCCの利用にも便利です。

神戸空港の駐車料が旅行中ずっと無料

神戸~関空の高速船アクセス「ベイシャトル」の乗り方

神戸空港まで車でアクセスした、ベイシャトルの利用者は、駐車場を無料で利用できます。しかも何泊してもOKという太っ腹ぶりです。

関空まで車で行って、通行料や駐車料を払うよりも、神戸空港経由でベイシャトルを利用した方が安くなる場合があります。

なお、関空側にはベイシャトル用の駐車場はありません。

  • 無料で駐車できるのは、ベイシャトル利用者専用の駐車場限定です。神戸空港の一般向けの駐車場は対象外です。
  • バイクも停められます(専用置場があります)。
  • 無料にしてもらうには手続きが必要です。駐車の際に受け取った駐車券を、乗船した後で船内にある処理機に通さないといけません。
  • 何泊でも無料で泊められますが、30日以上になる場合は、あからじめ乗船券売り場で申し込みが必要になります。
  • 駐車場は予約できません。また、満車で停められないこともありますので、多客時は電車やバスでアクセスした方が無難です。

片道の普通運賃はバスより安い

神戸・関空ベイシャトルの片道の普通運賃(神戸空港⇔関空)は、空港バスよりも安いです。

ベイシャトル 空港リムジンバス
大人 1,880円 2,000円
子供 940円 1,000円

三宮~関空でも、先に触れた「ポートライナーセット券」を使うと、上記の金額と同じになりますので、バスよりも安くなります。

ベイシャトルのデメリット(気になるところ)

空港ターミナル~乗船場はバス移動

神戸~関空の高速船アクセス「ベイシャトル」の乗り方

神戸空港、関西空港のベイシャトル乗船場(桟橋)と空港のターミナルビルの間は、連絡バスに乗って移動する必要があります。

このため、神戸~関空で、バスと船との乗り換えが数回発生します。船に乗っている間は、快適ですが、乗船までと下船してからが面倒で、特に荷物が多い人や、足腰が弱い人には不便な面があります。

ちなみに、乗船場や船内はバリアフリーになっています。

神戸ベイシャトルは乗り換えが多い

天候による欠航リスクも

ベイシャトルは船だけに、天候や海の状態によってバスや鉄道に比べると欠航になるリスクが高いです。

ベイシャトルが欠航になる場合、代替バスが船と同じ出発時刻を基本に運行されます(所要時間は約90分)。その際、予約していると前もって連絡がもらえます。

神戸・関空ベイシャトル公式サイト

神戸・関空ベイシャトルの時刻表や運航状況、上で紹介した切符についての最新情報や公式サイトで確認ください。乗船の予約もできます。

ベイシャトル公式サイト

神戸から関空、または関空から神戸へのアクセスには、神戸・関空ベイシャトルのお得な割引切符で、大阪湾をショートカットするのもいいですよ。

自分は神戸から関空へ行く時は、個人的にバスの座席にじっと1時間強座っているの苦痛なので、時間と天気が合えば神戸・関空ベイシャトルをよく使っています。ゆったりした船内と広い座席(便によってはガラガラ)、そして約30分という乗船時間は魅力です。「もう着いた!?」という感じです。ただ、乗下船場でのバス乗り継ぎが面倒ですが、全体としては快適さにくわえて、料金もそこそこで、非日常感も味わえるのでおすすめです。

※【参考】関空アクセスのお得な切符一覧

関西の各地(大阪、京都、神戸、姫路、奈良、和歌山、滋賀)から関西空港へ、あるいは関西空港から関西各地へ、電車(JR・南海)やバス、船を利用してアクセスする場合に使えるお得な割引切符をまとめました。空港の行き帰りの交通費を安く抑えたい人は必見です!※2019-2020年版
スポンサーリンク