.

奈良の飛鳥(明日香)へは大阪、神戸、姫路から近鉄の日帰り割引切符が安い!

近鉄「古代ロマン飛鳥日帰りきっぷ」の値段、購入方法

石舞台古墳、キトラ古墳、高松塚古墳、飛鳥寺、亀石など、歴史の教科書でおなじみの見どころがいっぱいある奈良県の飛鳥(明日香村)へ、できるだけ交通費を節約して、安く出かけたいあなたに、近鉄電車の「古代ロマン飛鳥日帰りきっぷ」という切符があります。

大阪、京都、神戸、姫路方面から利用できます。桜井や壺阪山へも行けます。特に神戸、姫路からは、往復するだけも元が取れる(往復運賃よりも安くつく)場合が多いのでおすすめです。

ここでは、その「古代ロマン飛鳥日帰りきっぷ」の内容や値段、発売期間、購入方法をまとめて紹介します。

飛鳥は、大阪や京都からは電車で1時間弱で行けて、日帰りのお出かけ先にはいい場所です。お得に出かけましょう。(2019年版)

※記載の運賃などは2019年10月以降のものです。

「古代ロマン飛鳥日帰りきっぷ」ってどんな切符?

「古代ロマン飛鳥日帰りきっぷ」は、大阪、京都、神戸、姫路方面からの飛鳥(明日香)地区までの往復と、飛鳥地区の乗り放題セットになった割引乗車券です。大阪・京都~飛鳥方面は近鉄電車を利用します。

あわせて、飛鳥で使える「特典チケット」も付いています。

【参考】実際に神戸から阪神版「古代ロマン飛鳥日帰りきっぷ」(2018年版)で出かけました。

大阪、京都、神戸、姫路から利用できます!

「古代ロマン飛鳥日帰りきっぷ」は、下記の路線で発売されています。大阪、京都、神戸、明石、姫路方面から利用できます。

  • 近鉄電車(大阪難波駅~鶴橋駅・阿部野橋駅発着/京都駅~向島駅発着)
  • 阪神電車(大阪難波駅経由で近鉄電車利用)
  • 山陽電車(阪神電車、大阪難波駅経由で近鉄電車利用)

近鉄電車の「古代ロマン飛鳥日帰りきっぷ」とは?

明日香村へ電車でアクセスする場合、最寄り駅は近鉄電車の「橿原神宮前駅」か「飛鳥駅」になります。

大阪難波からは片道約50分、京都から約1時間、神戸三宮からは約1時間半、明石から2時間半、姫路から3時間弱です(特急を利用しないで)。

この2つの駅から明日香村まで、路線バス(明日香周遊バス=赤かめバス)が運行されています。

駅前にはレンタサイクル店があるので、天気と体調がよければ自転車もいいです。また、歩こうと思えば歩けます(例えば、橿原神宮前駅から飛鳥寺まで約40分)。

近鉄電車の「古代ロマン飛鳥日帰りきっぷ」をつかって明日香村へのアクセス

飛鳥地区の近鉄電車が1日乗り放題!

「古代ロマン飛鳥日帰りきっぷ」では、飛鳥地区の下記の区間の近鉄電車が1日乗り放題(乗り降り自由)です。明日香村だけでなくその周辺にも足を延ばせます。

近鉄電車「古代ロマン飛鳥日帰りきっぷ」の有効区間と乗り放題範囲

【乗り放題区間】大和八木駅~橿原神宮前駅~壺阪山駅、大和八木駅~桜井駅

※大阪(難波駅~鶴橋駅・阿部野橋駅)、京都(京都駅~向島駅)から飛鳥エリアの乗り放題区間との間は往復のみです。途中下車する(改札から駅の外に出る)すると、切符が回収されて、その先は無効になります。
※「阪神電車版」「山陽電車版」はそれぞれの沿線から近鉄鶴橋駅の間が乗り放題です(大阪難波駅~鶴橋駅の間も途中下車できます)。
※「阪神電車版」「山陽電車版」で、大阪阿部野橋駅を利用する場合は、駅までの大阪地下鉄やJRなどの交通費が別に必要です。

特典が選べるチケットつき!

「古代ロマン飛鳥日帰りきっぷ」には、下記のいずれかに使える特典チケットが2枚ついてます。

近鉄電車「古代ロマン飛鳥日帰りきっぷ」は特典チケット付き

特典チケット1枚で

  1. 「明日香周遊バス(赤かめバス)」(奈良交通)の片道乗車(190円~450円相当)
  2. レンタサイクル200円分の割引
  3. 提携の観光施設や店舗で使用できる100円分の割引

例えば、レンタサイクルでチケットを2枚使って400円分の割引を受けたり、バスで行きと帰りで1枚ずつ使って往復乗車したり、レンタサイクルとバスで(あるいは店)で1枚ずつといった使い方ができます。

使える先によって割引額が違ううえに、2枚だけなので使うところに悩みます。金額としてはバス代に使うのがお得です。

※レンタサイクル利用料(提携9店舗)は平日900円、土休日1,000円。電動自転車は1500円(一部店舗のみ)。

近鉄電車「古代ロマン飛鳥日帰りきっぷ」の特典

【特典チケットが使える施設・お店】

  • 石舞台古墳(入場料300円⇒200円)
  • 高松塚壁画館(入館料300円⇒200円)
  • 明日香の夢市(農産物や特産物販売、食事)
  • あすか夢の楽市(農産物や加工品販売)
  • あすか夢販売所(農産物や加工品販売)
  • 飛鳥びとの館(土産物販売)
  • 明日香夢の旬彩館(加工品販売、食事)
  • ミチモレンタルステーション(超小型電気自動車レンタル)

※明日香周遊バス(奈良交通)の普通運賃の例

利用区間 普通運賃(大人片道)
初乗り運賃(最短区間) 190円
橿原神宮前駅~飛鳥大仏 260円
橿原神宮前駅~石舞台 380円
橿原神宮前駅~高松塚 430円
飛鳥駅~石舞台 280円

バスは本数に注意!明日香周遊バス(赤かめバス)は飛鳥の移動にとても便利なのですが、本数が春と秋の観光シーズンを除くと1時間に1本程度と少ないので、利用には時刻表の”事前”確認は必須です。

出かける前にも最新の運行状況を公式サイトで確認しておきましょう。

「明日香周遊バス」公式サイト(明日香村役場)

「古代ロマン飛鳥日帰りきっぷ」の値段は?

「古代ロマン飛鳥日帰りきっぷ」は、路線ごとに値段が設定されています。大人用のみの発売で、子供用はありません。

また、近鉄特急の料金は含まれていません。特急に乗りたいときは別に特急券を購入する必要があります。

種類 値段 有効区間(利用できる区間)
近鉄【大阪版】
難波~鶴橋・阿部野橋発着
1,440円
  • 近鉄電車の大阪難波駅~鶴橋駅、大阪阿部野橋駅から飛鳥地区までの往復(途中下車できません)。
  • 飛鳥地区の近鉄電車(大和八木駅~橿原神宮前駅~壺阪山駅、大和八木駅~桜井駅)が乗り放題。
近鉄【京都版】
京都~向島発着
1,960円
  • 近鉄電車の京都駅~向島駅から飛鳥地区までの往復(途中下車できません)。
  • 飛鳥地区の近鉄(大和八木駅~橿原神宮前駅~壺阪山駅、大和八木駅~桜井駅)が乗り放題。
阪神電車版
(大阪難波駅経由)
1,850円
  • 阪神電車の全線が乗り放題(元町駅以西の神戸高速線は除く)。
  • 近鉄電車の大阪難波駅~鶴橋駅、大阪阿部野橋駅から飛鳥地区までの往復(途中下車できません)。
  • 飛鳥地区の近鉄(大和八木駅~橿原神宮前駅~壺阪山駅、大和八木駅~桜井駅)が乗り放題。
山陽明石以東版
(阪神電車・難波駅経由)
2,470円
  • 山陽電車の明石駅~西代駅間と阪神電車の全線(西代駅~元町駅を含む)が乗り放題。
  • 近鉄電車の大阪難波駅~鶴橋駅、大阪阿部野橋駅から飛鳥地区までの往復(途中下車できません)。
  • 飛鳥地区の近鉄(大和八木駅~橿原神宮前駅~壺阪山駅、大和八木駅~桜井駅)が乗り放題。

山陽全線版
(阪神電車・難波駅経由)

2,780円
  • 山陽電車と阪神電車の全線が乗り放題。
  • 近鉄電車の大阪難波駅~鶴橋駅、大阪阿部野橋駅から飛鳥地区までの往復(途中下車できません)。
  • 飛鳥地区(大和八木駅~橿原神宮前駅~壺阪山駅、大和八木駅~桜井駅)が乗り放題。

「古代ロマン飛鳥日帰りきっぷ」はお得?

「近鉄版」は使い方次第!往復だけなら損。

まず「古代ロマン飛鳥日帰りきっぷ」の「近鉄版」は”値段的”にはちょっと微妙です。

近鉄電車の「古代ロマン飛鳥日帰りきっぷ」はどれくらいお得?

「大阪版(1,440円)」は、単純に片道710円以上の区間、「京都版(1,960円)」は同じく980円以上の区間を往復すると元が取れるのですが、実際の普通運賃は表のようになっています。往復だけでは値段的に損になる場合があります。

※近鉄大阪・京都からの普通片賃(大人片道)

橿原神宮前駅 桜井駅 飛鳥駅 壺阪山駅
大阪難波駅 700円 700円 720円 720円
鶴橋駅 640円 640円 660円 720円
大阪阿部野橋駅 640円 770円 720円 720円
京都駅 900円 960円 980円 980円
向島駅 770円 840円 860円 860円

もちろん、往復だけで元が取れなくても、飛鳥地区で近鉄を何度か乗り降りしたり、バスやレンタサイクル(貸自転車)で「特典チケット」を利用することで得にはなります。要は現地での使い方次第です(あたりまえですが)。

※乗り放題区間の普通運賃の例

利用区間 普通運賃(片道)
初乗り運賃(最短区間) 160円
橿原神宮前駅~飛鳥駅・岡寺駅 180円
大和八木駅~橿原神宮前駅 210円
橿原神宮前駅~桜井駅 260円
桜井駅~壺阪山駅 320円

阪神電車、山陽電車の沿線からは断然お得!

大阪、神戸、姫路方面から「阪神電車版」や「山陽電車(明石以東/全線)版」で飛鳥に行く場合は、一部区間を除いて、往復するだけでも「古代ロマン飛鳥日帰りきっぷ」がお得です。

「古代ロマン飛鳥日帰りきっぷ」の阪神版、山陽版はお得。

主な駅から「橿原神宮前駅」「桜井駅」までの「往復運賃」と比較してみました(大阪難波駅経由)。神戸三宮からは約17%、明石から約28%、姫路から約33%安くなります。ちなみに「飛鳥駅」「壺阪山駅」までなら片道30円をプラスしてください。

主な乗車駅 普通運賃(往復) 古代ロマン飛鳥日帰りきっぷ
桜川駅~西九条駅 910円(1,820円) 1,850円
千鳥橋駅 980円(1,960円) 1,850円 約6%割引
尼崎駅 1,030円(2,060円) 1,850円 約10%割引
西宮駅 1,060円(2,120円) 1,850円 約13%割引
神戸三宮駅 1,110円(2,220円) 1,850円 約17%割引
新開地駅 1,240円(2,480円) 2,470円
大開駅~西代駅 1,260円(2,520円) 2,470円 約2%割引
垂水駅 1,550円(3,100円) 2,470円 約20%割引
明石駅 1,710円(3,420円) 2,470円 約28%割引
姫路駅 2,090円(4,180円) 2,780円 約33%割引

阪神電車の西九条駅~桜川駅と西元町駅~新開地駅から利用する場合は、往復するだけでは値段的にメリットがありません。

実際は奈良では乗り降り自由ですし、特典チケットもありますので、「古代ロマン飛鳥日帰りきっぷ」で元は取れます。

「古代ロマン飛鳥日帰りきっぷ」の発売期間と有効期間

発売期間(買える期間)

【2019年版】
2019年4月1日~2020年3月31日

有効期間(使える期間)

【2019年版】
2019年4月1日から2020年4月30日のうちの好きな1日間
(始発~終電)

※「特典チケット」(2019年版)は2020年4月30日まで有効です。余っても、期限までなら別の日に使えます。他人にあげることもできます。
※「古代ロマン飛鳥日帰りきっぷ」の本体は磁気カードになっていて、利用当日の初めに乗車駅の改札機に通すと裏面に日付が印字されます。その日付けの最終電車まで有効です。付属のチケットも切符の利用当日限りの有効になります。

「古代ロマン飛鳥日帰りきっぷ」はどこで買える?(購入方法)

「古代ロマン飛鳥日帰りきっぷ」は発売期間中、各鉄道会社の駅などで、利用する当日(出かける日)はもちろん、事前に買っておくことも可能です。事前購入した場合は有効期間(上記)に注意してください。

近鉄版【大阪版】
  • 大阪難波駅、日本橋駅、上本町駅、鶴橋駅、大阪阿部野橋駅
近鉄版【京都版】
  • 京都駅、丹波橋駅、向島駅
阪神電車版
  • 大阪梅田、尼崎、甲子園、御影、神戸三宮の各駅長室
  • 各駅の改札口(駅員がいるときのみ)
  • 阪神電車サービスセンター(神戸三宮駅西口)
山陽明石以東版
  • 西代駅、板宿駅、東須磨駅、須磨駅、垂水駅、明石駅
  • 定期券発売所(板宿・垂水・明石)
  • ご案内センター(明石駅)
山陽全線版
  • 明石駅、東二見駅、高砂駅、大塩駅、飾磨駅、姫路駅、網干駅
  • 定期券発売所(明石・東二見・高砂・飾磨・姫路)
  • ご案内センター(明石駅)

※事前に買った後で使わなくなった場合は、切符と特典チケットとも未使用で、有効期間内であれば買った場所で払い戻ししてもらえます(手数料がかかります)。

「古代ロマン飛鳥日帰りきっぷ」公式サイト

「古代ロマン飛鳥日帰りきっぷ」の最新情報については、近鉄の公式サイトで確認ください。

近鉄公式サイト

「古代ロマン飛鳥日帰りきっぷ」は、名前の通り日帰り用ですが、明日香の周辺を含めて、泊りがけで旅行する際は、近鉄電車の「奈良世界遺産フリーきっぷ(奈良・斑鳩・吉野コース)」がおすすめです。有効期間は3日間あって、乗り放題範囲が広く、バスも利用できて、値段も格安です。



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク