.

【比較】JR代節約に回数券とICOCA・PiTaPaのどっちがお得?

ICカード(ICOCA・PiTaPa)
お悩み中
お悩み中
JRを、そこそこ利用するけど、回数券とICOCAやPiTaPaとでは、どっちが得なんやろ。

 

こんな疑問にお答えします。

 

【この記事の内容】

  • JR西日本の回数券と、ICOCA・PiTaPaを使った割引サービスのどちらがお得なのかを比較しました。

 

普段、JRを決まった駅と駅の間をちょくちょく乗るというあなたが、手っ取り早くできる電車代の節約術としては、「回数券の利用」とICカードの「ICOCA(イコカ)ポイントサービス・PiTaPa(ピタパ)割引サービスの利用」の2つが挙げられます。

 

どちらがお得なのか、JR西日本の電車代を安く抑えられるのかを比較検証してみました。

 

JR西日本は、ICOCAが使える路線で、回数券の発売を、2021年(令和3年)9月末で終了しました。

このため、関西のほとんどの路線で回数券は廃止されましたが、実は、京都駅~大阪駅など一部の区間では、引き続き買うことができます。ただし、これも2022年9月30日で終了となります。





JRのICOCAポイントサービス・PiTaPa割引サービスとは?

 

ICOCAポイントサービス、PiTaPa割引サービスと回数券、どちらがお得?

 

回数券は知ってても、「ICOCAポイントサービス」や「PiTaPa割引サービス」のことはよく知らないという人も多いと思いますので、簡単にまとめてみました。

 

JR西日本の「ICOCAポイントサービス」「PiTaPa割引サービス」とは、1か月のうちにICカードの「ICOCA(イコカ)」「PiTaPa(ピタパ)」で、JRを利用した回数に応じて、実質的に運賃が割引になるというサービスです。

 

基本は、毎月1日~末日の間に、同じ運賃区間を10回利用すると、11回目の運賃から1乗車につき15%割引になります。

 

割引の条件や率は、ICOCAとPiTaPaとも共通ですが、しくみが異なります。

 

ICOCAポイントサービス
【ポイントで還元】
  • 割引になった金額は「ポイント」で、翌月に還元されます。貯まったポイントは翌月以降に運賃の支払いなどに使えます
  • ポイントサービスを受けるには、ICOCAを持っていても、利用登録が必要です。
PiTaPa割引サービス
【請求額から減額】
  • 割引になった金額は、毎月の請求の際に反映されます(減額)。
  • 利用登録などの手続きはありません。PiTaPaでJRに乗ると自動的に適用されます(ポストペイ=後払いの利用に限ります)。

 

 

 

結論は「回数券の方がお得」!

 

JR回数券とICOCAポイントサービス、PiTaPa割引サービスとどちらがお得?比較検証

 

普段JRを利用する際に、回数券がいいのか、それともICOCAポイントやPiTaPa割引の方がいいのか。

 

このお悩み、疑問に対する結論ですが、答えは「回数券」です。

 

その理由は、こちらの表をみていただくと一目瞭然です。

 

普通回数券 ICOCA・Pitapa
利用対象の区間 回数券に記載の区間
(○○駅~○○駅)
駅に関係なく同じ運賃の区間
(○○円区間)
割引の適用 1枚目の利用から割引が適用されます(9.1%) 11回目以降の利用から1回につき15%割引。10回目まで割引ありません。
【利用回数ポイント/割引】
有効期間/集計期間 買った日から3ヶ月有効 1ヶ月間(1日~末日)

 

回数券は、1回目の乗車から11回目まで、割引になった運賃で利用できます。

 

一方、ICOCAポイント・PiTaPa割引サービスは、同じ運賃の区間を11回乗って、初めて15%分の割引がつきます。

 

しかも、月が替わると利用回数はリセット。0からやり直しとなるので、それほど魅力的ではありません。

 

このことだけでも、回数券の方がお得だと言えます。

 

ただし、次の両方に当てはまる人に限っては、回数券よりもICOCAポイント・PiTaPa割引サービスの方がお得な場合があります。

 

  • 京阪神間でJRを利用している。
  • 平日の昼間や土日、祝日に乗ることが多い




京阪神ではICOCA・PiTaPaの方がお得な場合も

 

JR回数券とICOCAポイントサービス、PiTaPa割引サービスとどちらがお得?比較検証

 

ICOCAポイント・PiTaPa割引サービスには、京阪神地区限定でそれぞれ「時間帯指定ポイント」「時間帯指定割引」というしくみがあります。

 

これは、JRが指定する時間帯や曜日に利用すると、運賃の割引率を高くしますよ、というものです。

 

これを上手く活用すると、回数券よりも、JR代の節約が期待できます。

 

「時間帯指定ポイント/割引」とは?

 

ICOCA「時間帯指定ポイント」・PiTaPa「時間帯指定割引」の内容、適用される条件は、次のようになっています。

 

特に、割引対象になる利用の時間帯が限定されている点が特徴です。

 

設定区間
  • JR京都線:京都駅~大阪駅
  • JR神戸線:大阪駅~元町駅
  • JR宝塚線:尼崎駅~宝塚駅
  • JR東西線:北新地駅発着のみ
利用時間帯
  • 平日:10:00~17:00
  • 土日祝:終日(始発から終電まで)

割引の内容

  • 同じグループ(下記参照)区間を4回目の利用分から、1回につき30%、または50%のポイント還元/割引されます。
    (1回から3回目までは割引はありません)
利用回数の集計期間
  • 毎月1日~末日(1か月単位

 

まず、ICOCA「時間帯指定ポイント」・PiTaPa「時間帯指定割引」では、対象の区間がグループに分けられています。

 

同じグループの区間を、指定の時間帯に、1ヶ月(1日~末日)4回以上利用すると、それ以降1回ごとに運賃が30%、または50%が実質割引になります。

 

割引率はグループごとに、あらかじめ決められています(下表)。

 

グループ番号 適用区間 4回目からの
還元率・割引率
普通運賃
京都~西大路 30% 130円
京都~桂川 30% 160円
京都~向日町 30% 180円
4 京都~長岡京
京都~山崎
30% 220円
京都~島本 50% 310円
6 京都~高槻
京都~摂津富田
50% 400円
7 京都~JR総持寺
京都~茨木
50% 470円
8 京都~千里丘
京都~岸辺
50% 560円
9 京都~吹田
京都~東淀川
京都~新大阪
京都~大阪
西大路~大阪
桂川~大阪
向日町~大阪
50% 570円
10 長岡京~大阪 50% 560円
11 山崎~大阪
島本~大阪
50% 470円
12 高槻~大阪
摂津富田~大阪
JR総持寺~大阪
30% 260円
13 茨木~大阪
千里丘~大阪
30% 220円
14 岸辺~大阪
吹田~大阪
30% 180円
15 東淀川~大阪
新大阪~大阪
30% 160円
16 大阪~塚本 30% 160円
17 大阪・北新地~尼崎 30% 180円
18 大阪・北新地~立花
大阪・北新地~甲子園口
30% 220円
19 大阪・北新地~西宮
大阪・北新地~さくら夙川
大阪・北新地~芦屋
50% 310円
20 大阪・北新地~甲南山手
大阪・北新地~摂津本山
大阪・北新地~住吉
50% 400円
21 大阪・北新地~六甲道
大阪・北新地~摩耶
大阪・北新地~灘
大阪・北新地~三ノ宮
大阪・北新地~元町
塚本~三ノ宮
塚本~元町
50% 410円
22 尼崎~三ノ宮
尼崎~元町
立花~元町
50% 400円
23 立花~三ノ宮
甲子園口~三ノ宮
甲子園口~元町
西宮~三ノ宮
西宮~元町
50% 310円
24 さくら夙川~三ノ宮
さくら夙川~元町
芦屋~三ノ宮
芦屋~元町
甲南山手~元町
30% 220円
25 甲南山手~三ノ宮
摂津本山~三ノ宮
摂津本山~元町
住吉~三ノ宮
住吉~元町
30% 180円
26 六甲道~三ノ宮
六甲道~元町
摩耶~三ノ宮
摩耶~元町
灘~元町
30% 160円
27 灘~三ノ宮 30% 130円
28 大阪・北新地~塚口
大阪・北新地~猪名寺
大阪・北新地~伊丹
30% 240円
29 大阪・北新地~北伊丹
大阪・北新地~川西池田
50% 330円
30 大阪・北新地~中山寺
大阪・北新地~宝塚
塚本~宝塚
50% 330円
31 尼崎~宝塚
塚口~宝塚
50% 330円
32 猪名寺~宝塚
伊丹~宝塚
30% 240円
33 北伊丹~宝塚
川西池田~宝塚
30% 200円
34 中山寺~宝塚 30% 190円

 

JR西日本の回数券廃止にともなって、上記の区間のなかで、現在、回数券が買えるのは、「大阪駅~京都駅」「新大阪駅~京都駅」のみです。

 

京都~大阪「回数券」vs「ICOCAポイント/PiTaPa割引」料金を比較!

 

JR京都駅~大阪駅は回数券とICOCAポイントサービス、PiTaPa割引サービスのどちらがお得?

 

それでは、「大阪駅~京都駅」「新大阪駅~京都駅」を、1ヶ月間に最大11回乗車した場合について、「普通回数券」とICOCA・PiTaPaの「時間帯指定ポイント/割引」のどちらが安くつくかを、それぞれの金額を比較してみました。

 

「大阪駅~京都駅」「新大阪駅~京都駅」は「グループ9」に入っていて、時間帯指定ポイント還元/割引率は50%となっています。

 

普通運賃は、どちらも570円です。回数券(11回分)は、9回分の値段で発売されています(回数券の特定区間)。

 

普通回数券 ICOCA・PiTaPa
発売価格 5,130円
(1回あたり466円)
乗車1~3回目 466円×3回=1,398円
(累計1,398円)
570円×3回=1,710円
(累計1,710円)
乗車4回目 466円
(累計1,864円)
285円
(累計1,995円)
乗車5回目 466円
(累計2,330円)
285円
(累計2,280円)
乗車6回目 466円
(累計2,796円)
285円
(累計2,565円)
乗車7~11回目 466円×5回=2,330円 285円×5回=1,425円
合計 5,130円 3,990円
普通運賃と比較して 18.1%お得! 36%お得!
回数券と比較して 22%お得!

 

このように、「大阪駅~京都駅」「新大阪駅~京都駅」では、1か月のうちに5回以上、指定の時間帯に利用するなら、ICOCA・PiTaPaの方が回数券より安くなります。

 

11回利用すると、2割もお得です。

 

JR「ICOCAポイント」「PiTaPa割引」公式サイト

 

JR西日本で実施している「ICOCAポインサービス」「PiTaPa割引サービス」の最新情報は、公式サイトで確認ください。

 

JR西日本公式サイト

 

【比較】JR代節約に回数券とICOCA・PiTaPaのどっちがお得?JR代の節約方法として「回数券」と「ICOCAポイント/PiTaPa割引」ではどちらがお得かということ検証しました。基本的に回数券が安いということになります。

しかし、残念ながら、回数券は一部を除いて廃止されてしまったので、現在は「ICOCAポイント/PiTaPa割引」のみ。ひと月の利用回数が多いようでしたら、うまく活用してみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました